Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Message / J.R. Monterose

J.R. Monterose The Message Jaro International JAM-5004
★★★★★
『The Message』
Jaro International JAM-5004
1959年11月24日 録音

J.R. Monterose(ts) Tommy Flanagan(p)
Jimmy Garrison(b) Pete La Roca(ds)


Side-1
1.
Straight Ahead
2. Violets For Your Furs
3. Chafic
4.
I Remember Clifford
Side-2
1.
Green Street Scene
2. You Know That
3. Short Bridge

前項のケニー・ドーハムが Jaro原盤だったので そのつながりで この盤です。
豪放な音色のテナーで人気の J.R.モンテローズ。 オリジナルは入手困難。
なんといっても 2曲のスタンダードが頭抜けた名曲、名演。 すばらしいの一語。
「I Remember Clifford」 はテナーで聴けるものとしては一二を競う演奏です。
「Violets For Your Furs (コートにすみれを)」、いいですねぇ。
残るモンテローズのオリジナルでは 「Straight Ahead」 が出色の名曲。
この曲をタイトルにした Xanadu盤も いまや廃盤。 困ったもんです。
いずれにせよモンテローズのワンホーン作として、見つければ即買いの盤です。

※以下は 2016年12月12日の追加記述
2016年12月、ヤフオクで本作のオリジナル盤が 101,000円で落札されました ! ! !
そんなにオリジナルは音が良いのか !


The Message / J.R. Monterose
The Message / J.R. Monterose

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/289-ec3702de