Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Broadway Bit / Marty Paich

Marty Paich The Broadway Bit Warner Bros WS 1296
★★★★★
『The Broadway Bit』
Warner Bros. WS 1296 → Warner Pioneer P-7539W
1959年1月 録音

Frank Beach(tp) Stu Williamson(tp, v-tb)
Art Pepper(as) Bill Perkins(ts) Bob Enevoldsen(v-tb, ts)
Jimmy Giuffre(brs, cl) George Roberts(tb)
Victor Feldman(vib, perc) Vince DeRosa(frh) Scott LaFaro(b)
Mel Lewis(ds)  Marty Paich(p, arr. cond.)


Side-1
1. It's All Right With Me
2. I've Grown Accustomed To Her Face
3.
I've Never Been In Love Before
4. I Love Paris
Side-2
1. Too Close For Comfort
2. Younger Than Springtime ~ The Surrey With The Fringe On Top
3. If I Were A Bell
4. Lazy Afternoon
5. Just In Time

通称 “踊り子”。 “お風呂” に負けず劣らずオリジナル盤を探すファンが多い。
加えてスコット・ラファロが参加しているので、ていどの良い盤は高値で取引きされます。
とにかくジャケットに惚れぼれしてしまいますね。 奥にいるダンサーが読んでいるのは、
ダウン・ビート誌。 しゃれてますねぇ。 手前の彼女は なにを読んでるんだろう?
ハードカバーの法律書? なら もっと しゃれてるんですけど…
脚線美と赤い靴はオーディオ・フィデリティ盤 『This Is Pat Moran』 と同じ趣向。
内容は やはりアレンジが際立つ感じ。 でも “お風呂” より少し音質が上?かも…
2枚を つづけて聴いてみた わたしの率直な感想は “お風呂” のほうが好きだなぁ。


The Broadway Bit / Marty Paich
The Broadway Bit / Marty Paich

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/293-cabb5c3d