Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

セルダン・パウエルの一枚

セルダン・パウエル(Seldon Powell・辰年)が1928年の きょう11月15日に
生まれています。 そして1997年1月25日に68歳で亡くなりました。
このルースト盤はヴォーグがオリジナルなのでしょうか、よくわかりません。
彼のレコードは ほとんど知りませんが、プレイは まさに燻し銀そのものです。


Seldon Powell Sextet Roost RLP 2220
★★★★★
『Seldon Powell Sextet』
Roost RLP 2220 → Fresh Sound FSR-CD93
1956年1月1日? 録音
Seldon Powell(ts) Jimmy Cleveland(tb) Freddie Green(g)
“Hac” Hanna=Roland Hanna(p) Aaron Bell(b) Osie Johnson(ds)
Gus Johnson(ds/*)


Side-1
1. Woodyn' You
2. She's Funny That Way
3. Lolly Gag *
4. Missy's Melody
5. I'll Close My Eyes
6. 11th Hour Blues
Side-2
1. Undecided *
2. A Flower Is A Lonesome Thing
3. It's A Cryin' Shame
4. Sleepy Time Down South *
5. Button Nose
6. Biscuit For Duncan *

聴きものはセルダン・パウエル独自の しっとり落ちついた燻し銀バラードです。
「She's Funny That Way」 「I'll Close My Eyes」 「A Flower Is A Lonesome
Thing」。 ですが なんといっても 「Sleepy Time Down South」 で決まりです。
星の数は、この 4曲に対しての わたしの感想です。


Seldon Powell Sextet
Seldon Powell Sextet





↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/294-cbb9d619