Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ダイアナ・クラールのヒット作

ダイアナ・クラール(Diana Jean Krall・辰年)が東京オリンピックの年1964年の
きょう11月16日に生まれています。 47歳になられました。


Diana Krall Love Scenes
★★★★
『Love Scenes』
Original Recordings Group ORG LP-005 → Impulse! IMPD-233
1997年8月26日 発売
Diana Krall(p, lead vo) Russell Malone(g) Christian McBride(b)


01. All Or Nothing At All
02. Peel Me A Grape
03. I Don't Know Enough About You
04. I Miss You So
05. They Can't Take That Away From Me
06. Lost Mind
07. I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You
08. You're Getting To Be A Habit With Me
09. Gentle Rain
10. How Deep Is The Ocean(How High Is The Sky)
11. My Love Is
12. Garden In The Rain

ダイアナ・クラール 32歳のヒット作。 ピアノ、ギター、ベースというシンプルな
構成にボーカルなので、まるで自宅に来てくれてプレイを聴いているような錯覚に
なります(ホンマかいな)。 要は録音がいいのですね。
クラールの唱法は ひとことで言うと “けだるさ”。 そして音程も微妙にフラット気味。
12曲つづけて聴くのは ちょっとしんどいのですが聴きなれたスタンダード曲はいい。
ガーシュイン兄弟の作 「They Can’t Take That…」 のピアノソロからギターに移る
部分、いいかんじです。 「I Don’t Stand A Ghost…」 もいいし、ピアノソロがすてきな
バーリン作の 「How Deep Is…」 これがベストトラックかな。
「Garden In The Rain」 はラストを飾るに ふさわしい ゆったりした曲想、すてきです。
「Peel Me A Grape」 の録音風景などを収めた
メーキング があります。

Love Scenes / Diana Krall
Love Scenes / Diana Krall

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/295-aeba1ab4