Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Movin’ Wes / Wes Montgomery

Wes Montgomery Moovin Wes Verve V6-8610
★★★★★
『Movin’ Wes』
Verve V6-8610
1964年11月11日、16日 録音

Wes Montgomery(g) Johnny Pate(arr. cond.)
Ernie Royal、Clark Terry、Snooky Young(tp)
Jimmy Cleveland、Urbie Green、Quentin Jackson、Chauncey Welsch(tb)
Jerome Richardson(fl, ss, ts) Don Butterfield、Harvey Phillips(tuba)
Bobby Scott(p) Bob Cranshaw(b) Grady Tate(ds) Willie Bobo(perc)


Side-1
1.
Caravan
2. People
3.
Movin' Wes Part Ⅰ
4. Moca Flor
5. Matchmaker
6. Movin' We s Part Ⅱ
Side-2
1.
Senza Fine
2. Theodora
3. In And Out
4. Born To Be Blue
5. West Coast Blues

きょうは しっかりした雨が降っています。 こんな日は強烈なブラスの音が聴きたい。
そこで 『Movin’ Wes』 といこう。 「Caravan」 の のっけから すかっとする音の洪水。
「People」 の落ちつくブラスアレンジ、すてきな雰囲気、いいかんじです。
タイトル曲の 「Movin’ Wes」 は どちらも不思議なムードを持った佳曲です。
まぁ、ときどき聴きたくなる変な魅力を持ったアルバムで、星五つです。


Movin’ Wes / Wes Montgomery
Movin’ Wes / Wes Montgomery

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/298-d84fbc5b