Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

サル・サルヴァドールの一枚

サル・サルヴァドール(Sal Salvador・丑年)が1925年の きょう
11月21日に生まれています。
彼のレコードでは このブルー・ノート盤しか聴いたことがありません。
58年まえのクリスマス・イヴに録音された音源ですが、音質はクリアで
モノラルという点だけで まったく古さを感じさせない すばらしい音です。
ちなみに いま聴いているソースはキング盤をカセットテープにコピーし、
Nakamichi ZX-9 で再生しています。 驚くほど見事な高音質です。


Sal Salvador Quintet Blue Note BLP 5035
★★★★☆
『Sal Salvador Quintet』
Blue Note BLP 5035 → EMI TOCJ-9224
1953年12月24日 録音
Sal Salvador(g) Frank Socolov(ts)
Johnny Williams(p) Kenny O'Brien(b) Jimmy Cambell(ds)


Side-1
1.
Gone With The Wind
2. Get Happy
3. My Old Flame
Side-2
1. This Can't Be Love
2.
Too Marvelous For Words
3. After You've Gone

6曲すべてが楽しく、自然と指を鳴らしたりしてしまうほどです。
あまり聴く機会のないテナーのフランク・ソコロウも楽しめて、
ひょっとするとタル・ファーロウの Blue Note 5042番よりいいかも…
ベストトラックは 「Too Marvelous For Words」 か 「After You've Gone」。
サルは1999年9月22日に73歳で亡くなりました。 ことしの命日は十三回忌でした。


Sal Salvador Quintet(10 inch Analog)
 Sal Salvador Quintet(10 inch Analog)

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/300-7adc7139