Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

McLean's Scene / Jackie McLean

Jackie Mclean McLeans Scene New Jazz NJLP 8212
★★★★
『McLean's Scene』
New Jazz NJLP 8212 → Victor VICJ-60451
(1-1, 1-3, 2-1) 1956年12月14日 録音
Jackie McLean(as) Bill Hardman(tp)
Red Garland(p) Paul Chambers(b) Arthur Taylor(ds)

(1-2, 2-2, 2-3) 1957年2月15日 録音
Jackie McLean(as)
Mal Waldron(p) Arthur Phipps(b) Arthur Taylor(ds)


Side-1
1. Gone With The Wind
2. Our Love Is Here To Stay
3. Mean To Me
Side-2
1. McLean's Scene
2. Old Folks
3. Outburst

久しぶりにマクリーンを聴きたくなってニュー・ジャズ盤を取り出してみました。
まだ25歳の若いマクリーンのプレイが聴ける 『McLean's Scene』 です。
う~ん、どうもビル・ハードマンの演奏はいただけない。 ミンガスグループで
マクリーンとは仲間だったらしいのですが、タイトル曲など しんどいソロです。
「Old Folks」 はワンホーンとして聴きごたえ たっぷりのバラード。
マルのピアノが興を削ぎますが短いソロなので良しとしましょう。
「Outburst」 はマクリーンのオリジナルで急速調の お得意の演奏スタイル。
ここでもマルは雰囲気をこわしています。 でもマクリーンのプレイがいいので
ベストトラックです。


McLean's Scene / Jackie McLean (Rmt)


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/305-0b4fdf3c