Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Good Move / Freddie Roach

Freddie Roach  Good Move Blue Note BLP 4158
★★★★
『Good Move !』
Blue Note BLP 4158
1963年11月29日、12月9日 録音
Blue Mitchell(tp) Hank Mobley(ts)
Freddie Roach(org) Eddie Wright(g) Clarence Johnston(ds)


Side1
1.
It Ain't Necessarily So
2. When Malindy Sings
3.
Pastel
4. Wine, Wine, Wine
Side-2
1.
On Our Way Up
2. T'Ain't What You Do
3. Lots Of Lovely Love
4.
I. Q. Blues

むかし夜のテレビ番組で 11PM というのがありました。 そのなかの何曜日だったか
忘れましたが、たぶん読売放送から生放送のエンディングに女性のオルガニストが
演奏していたのです。 これがすごく いい。 ブルージーで黒い。
ソロ演奏だったような記憶があるのですが定かではありません。
ということでジミー・スミスのオルガンを よく聴くようになりましたが、
この女性奏者の魅力を上回りませんでした。 なぜなんだろう? 大御所スミスなのに。
そこで ほとんど聴かずに棚に眠っていたフレディ・ローチの本盤を聴いてみたら
これが その印象に すごく似ていたのです。 もちろん管が入っていない曲で。
「Pastel」 が そんな曲でした。
でもベストトラックはドラムスがマーチ風に始める 「On Our Way Up」 なのです。
ブルー・ミッチェルの流麗なトランペットもすばらしい。 それに つづくローチの
ソロは、ひょっとしてスミスを超えている? かも。
ラストの 「I. Q. Blues」 も管抜きでローチが本領を発揮したプレイになっています。
しかし、かなり以前にオリジナルのモノラル盤を手放して大後悔しているのです。


Good Move / Freddie Roach(MP3)
Freddie Roach  Good Move Blue Note BLP 4158

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/313-7c9056dc