Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Commitment / Jim Hall

12月4日にアップしたジム・ホールの星が悪かったので、名誉挽回のレコードを…

Jim Hall Commitment AM Horizon SP-715
★★★★
『Commitment』
Horizon A&M SP-715
(1-1) 1976年6月22日 録音
Jim Hall(eg) Art Farmer(flh) Tommy Flanagan(p)
Ron Carter(b) Allan Ganley(ds) Don Sebesky(arr.)

(1-2) 1976年6月1日 録音
Jim Hall(eg) Don Thomson(p)
(1-3) 1976年6月22日 録音
Jim Hall(g, eg) Art Farmer(flh) Tommy Flanagan(p)
Ron Carter(b) Allan Ganley(ds) Joan LaBarbara(vo)
Errol Bennett(tambourine, triangle, wine chimes, cabasa, finger cymbals)
Don Sebesky(arr.)

(2-1) 1976年6月10日
Jim Hall(g, eg)
(2-2) 1976年6月11日
Jim Hall(eg) Jane Hall(vo)
(2-3) 1976年6月22日
Jim Hall(eg) Tommy Flanafan(p)
(2-4) 1976年7月1日
Jim Hall(g) Terry Clarke(ds)
(2-5) 1976年6月21日
Jim Halle(eg) Art Farmer(flh) Tommy Flanagan(p)
Ron Carter(b) Allan Ganley(ds) Don Sebesky(arr.)


Side-1
1. Walk Soft
2. One Morning In May
3.
Lament For A Fallen Matador
Side-2
1. Down The Line
2. When I Fall In Love
3. My One And Only Love
4. Bermuda Bye Bye
5. Indian Summer

アルバムタイトルの直訳は “関与”。 ジム・ホールが共演メンバーといろいろな
組み合わせで 8曲を演奏しています。 邦題は 1-3の訳で 『哀愁のマタドール』。
その 「Lament For A Fallen Matador」 は軽やかな大作で、たしかに このアルバムの
メインなのでしょうが、わたしはクインテットで演奏される 「Walk Soft」 と
「Indian Summer」 が好きで、よく聴きました。 前者がベストトラックか。
星ひとつマイナスなのは、曲種がバラバラなこと。 とくに 「Bermuda Bye Bye」 が
アルバムのイメージから大幅に ずれているのです。
Charles Schorre が描く ジャケットのペインティングは印象的です。


Commitment / Jim Hall
Commitment / Jim Hall

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/314-b94a897e