Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

秋吉敏子のキャンディッド盤

龝(穐)吉敏子(または秋吉 Toshiko Akiyoshi・巳年)が1929年の きょう
12月12日に生まれています。 なんと82歳になられました。


Toshiko Mariano Quartet Candid CJS-9012
★★★☆
『Toshiko Mariano Quartet』
Candid CJS-9012 → Victor SMJ-6173
1960年12月5日 録音
Toshiko Akiyoshi Mariano(p) Charlie Mariano(as)
Gene Cherico(b) Eddie Marshall(ds)


Side-1
1. When You Meet Her
2. Little T
Side-2
1. Toshiko's Elegy
2. Deep River
3. Long Yellow Road

キャンディッド盤には なぜか憧れが つきまとっていました。 なにか高級な知性を持った
レコードばかりのような印象を与えられました。 というわけで内容の良しあしも知らず
これはと思う復刻盤を買っていました。
その一枚が本作。 マリアーノとラヴラヴのときの記録。 ジャケ裏写真でもわかります。
マリアーノはいいのですが、秋吉作曲の 「Toshiko's Elegy」、「Long Yellow Road」 の
良さがわかりません。 というより むかしから評価しすぎではないでしょうか。
ベストトラックはマリアーノ作のワルツ曲 「When You Meet Her」。 テーマメロディが
気持ち悪いですが、ソロに入って快適な演奏になります。
やっきとなってオリジナル盤を探すほどではなく、まぁ国内盤かCDを持っているだけで
いいアルバムだと思います。


Toshiko Mariano Quartet
Toshiko Mariano Quartet






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/321-8734533c