Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

バリー・ハリスの人気ライブ盤

バリー・ハリス(Barry Doyle Harris・巳年)が1929年の きょう12月15日に
生まれています。 82歳になられました。


Barry Harris At The Jazz Workshop Riverside RLP-1177
★★★★
『Barry Harris At The Jazz Workshop』
Riverside RLP-1177 → Fantasy OJC-208
1960年5月15日、16日 サンフランシスコ ジャズワークショップにてライブ録音
Barry Harris(p) Sam Jones(b) Louis Hayes(ds)


Side-1
1. Is You Is Or Is You Ain't My Baby
2. Curtain Call
3. Star Eyes
4.
Moose The Mooche
Side-2
1.
Lolita
2. Morning Coffee
3. Don't Blame Me
4. Woody'n You

ジャズワークショップでのライブといえば 『The Cannonball Adderley Quintet
In San Francisco』
が有名で、西のヴィレッジヴァンガードと ともに名作が
生まれています。
本作もリラックスした雰囲気のなかで、いきいきとスタンダード曲が演奏されます。
バド・パウエル派のバリー・ハリスといわれますが、ここでは楽しい感じにあふれ、
ジャズクラブにいて聴いているイメージが たっぷり味わえる佳盤だと思います。


Barry Harris At The Jazz Workshop
 Barry Harris At The Jazz Workshop






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/324-b05be93a