Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ソニー・レッド、唯一のBN盤

ソニー・レッド(Sylvester Kyner Jr.=Sonny Red・申年)が1932年の きょう
12月17日に生まれました。 1981年3月20日に48歳で亡くなりました。
今回はリード・マイルスのデザインが印象的なアルバムを ご紹介します。


Sonny Redd Out Of The Blue Blue Note BLP 4032
★★★☆
『Out Of The Blue』
Blue Note BLP 4032 → King K18P-9243
1959年12月5日 (2-3, 2-4)1960年1月23日 録音
Sonny Red(as) Wynton Kelly(p)
Sam Jones(b/except 2-3, 2-4) Paul Chambers(b/2-3, 2-4)
Roy Brooks(ds/except 2-3, 2-4) Jimmy Cobb(ds/2-3, 2-4)


Side-1
1. Bluesville
2.
Stay As Sweet As You Are
3. I've Never Been In Love Before
4. Nadia
Side-2
1. Blues In The Pocket
2.
Alone Too Long
3. The Lope
4.
Stairway To The Stars

オリジナル4曲、スタンダード4曲、飽きさせないよう工夫しているのですが、
いかんせんソニー・レッドは曲作りがいまいち。 しかも なぜかサックスのピッチが
シャープ? 音程に首をひねるところが ちょくちょく出てきます。
ということで聴くのはスタンダードになってしまいます。
そのかわりといってはなんですが、リズム陣は好調。 ウィントン・ケリーもいいし、
サム・ジョーンズも がんばっているのです。
ベストトラックは 「Alone Too Long」。 哀愁漂うソニーのアルトが聴きものです。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/326-8a39e216