Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Speak Like A Child / Herbie Hancock

Herbie Hancock Speak Like A Child Blue Note BST 84279
★★★☆
『Speak Like A Child』
Blue Note BST 84279 → RVG Edition 7243 8 64468 2 4
(Side-1) 1968年3月6日 録音 (Side-2) 1968年3月9日 録音
Thad Jones(flh) Peter Phillips(bass-tb) Jerry Dodgion(alto-fl)
Herbie Hancock(p) Ron Carter(b) Mickey Roker(ds)


Side-1
1. Riot
2.
Speak Like A Child
3. First Trip
Side-2
1. Toys
2. Goodbye To Childhood
3.
The Sorcerer

「Speak Like A Child」 はメロディが心地よいんだけれど なぜかぐっとこない。
それよりも むしろ新主流派らしいニュアンスの 「First Trip」 「The Sorcerer」 が
ベストトラックだと思います。
ハービーは まず第一に
『Empyrean Isles』 を聴いて つぎに 『Takin' Off』
さいごに 『Maiden Voyage』 を聴く。 というのが新主流派の正統的な聴き方。

Speak Like A Child / Herbie Hancock
Speak Like A Child / Herbie Hancock

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/327-b82cf676