Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

リー・モーガンの悲劇

天才的ジャズトランペッター、リー・モーガン(Lee Morgan・寅年)が
1972年のきょう2月19日に33歳という若さで、まさに悲劇の死を迎えました。
18日の夜おそくリー・モーガンはニューヨークのジャズクラブ・スラッグスで
演奏中でしたが、休憩時間になり突然現れた愛人のヘレン・モアに拳銃で
撃たれました。 死亡が確認されたのは翌朝午前2時45分のことだそうです。
彼の評判は、やんちゃ坊主で酒好きで、とにかく多くの女性にモテたという
話しをよく記事で目にします。


Lee Morgan Indeed!
ほんとうによく聴いたLP、18歳のときの録音 「Lee Morgan Indeed !」

1958年ベルギーでの若干20歳のときのライブ映像を見ましたが、たしかに
カッコいい。 テクニックは最高だから自信にあふれ、クリフォード・ブラウン
(Clifford Brown・午年)の再来といわれた評判が、彼を後押ししているようで
一点のスキもありません。
でも わたしの思いは、ブラウニー(クリフォード・ブラウン)は天才ジニアス。
一方リー・モーガンはやんちゃな秀才、心の奥底深くに残るものに欠けるのです。
でも嫌いではありません。 天まで伸びるハイノートは、やはり魅力があります。
そしてブルーノートのアルフレッド・ライオン(申年)は 18歳の彼の才能惚れ、
レコーディングデビューさせたのです。


Lee Morgan 6 type
わたしが聴いたアルバムは 「Indeed !」 以外に
上左から 「Lee Morgan Vo.3」 「City Lights」 「Candy」
下左から 「Here’s Lee Morgan」 「The Sidewinder」 「Live At The Lighthouse」



Lee Morgan with Oscar Peterson, Ed Thigpen, Ray Brown 1961
(削除されるかもしれませんが)
なんと珍しい! オスカー・ピーターソン・トリオと共演!
しかもトランペットではなく、コルネットを吹いています。


Lee Morgan Indeed !
Lee Morgan Indeed !

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "RVGサウンド、いいですよね"
einishi2様
いつもコメントありがとうございます。
ルディ・ヴァン・ゲルダーは実はジャズ嫌いだったそうですよ。
でも彼の録音したものは、ほんとうにジャズの王道といえる
サウンドですよね。プレステッジやサヴォイでも録音してますよね。
2011.02.19 23:28 | URL | #- [edit]
einishi2 says... "リーモーガンCDもってます"
いつも楽しみで読ませていただいてます。
自分もSidewinderやCandyはCDで持ってます。
とくにCandyはルディ・ヴァン・ゲルダーのデジタルリマスター
98年ごろのを持ってますので親しみがわきました。
とってもスイングしてますね。このCD音もよいですよ。
2011.02.19 17:45 | URL | #xyyekUkk [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/33-3bd31164