Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ジェローム・リチャードソンの好盤

ジェローム・リチャードソン(Jerome Richardson・申年)が1920年、91年前の
クリスマス12月25日に生まれています。 2000年6月23日に79歳で亡くなりました。


Jerome Richardson Roamin With Richardson New Jazz NJLP 8226
★★★★
『Roamin’ With Richardson』
New Jazz NJLP 8226 → Wave
1959年10月21日 録音
Jerome Richardson(fl, ts, brs) Richard Wyands(p)
George Tucker(b) Charlie Persip(ds)


Side-1
1. Friar Tuck
2. Up At Teddy's Hill
3. Warm Valley
Side-2
1. Poinciana
2.
I Never Knew
3. Candied Sweets

録音がいいことで人気がある盤。 とくにベースがブンブン鳴って気持ちいいですね。
わたしにとってのベストトラックは むかしなつかしいエキゾチックな 「Poinciana」。
フルートの響きが奏でる独特のメロディが たまりません。
AmazonでもHMVでも2011年12月現在、手に入りません。 なんで?


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/334-6cda925f