Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Workin’ With The Miles Davis Quintet

Miles Davis Workin  Prestige PRLP 7166
★★★★★
『Workin’ With The Miles Davis Quintet』
Prestige PRLP 7166
(except/2-3)1956年5月11日 (2-3)1956年10月26日 録音
Miles Davis(tp/except 2-2) John Coltrane(ts/except 2-2)
Red Garland(p) Paul Chambers(b) “Philly” Joe Jones(ds)


Side-1
1.
It Never Entered My Mind
2. Four
3. In Your Own Sweet Way
4. The Theme(take 1)
Side-2
1. Tranes's Blues
2. Ahmad's Blues
3. Half Nelson
4. The Theme(take 2)

「It Never Entered My Mind」 のイントロが始まる。 あぁ ジャズって いいなぁと思う。
「Four」 「In Your Own Sweet Way」 などA面にベストトラックが集中しています。
こんな名盤なのにプレスティッジのジャケットセンスは ほんとうに情けない。 というか
ボブ・ワインストックは どういう神経していたんだろう。 休憩中にスモーキングタイム
となったのですかねぇ。 そこをパチリ。 こんな写真を撮ってデザインしたエズモンド・
エドワーズのジャケットには笑うしかない。

わたしが所持している盤は、紺ラベルで しかも STEREO 表記! でも れっきとした
モノラル盤で、VAN GELDER の刻印が刻まれています。 ヴァン・ゲルダーが
みずから刻印していないのは明らかですね。 しかしヴァン・ゲルダーの録音は
いつもながら さすがのひとことです。 演奏よし、録音よしの逸品です。


Workin' With The Miles Davis Quintet
Workin' With The Miles Davis Quintet






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/337-16ea2351