Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Candy / Lee Morgan

Lee Morgan Candy Blue Note BLP 1590
★★★★★
『Candy』
Blue Note BLP 1590 → Toshiba-EMI BNST 1590
(1-2, 2-3) 1957年11月18日 録音
(1-1, 1-3, 2-1, 2-2) 1958年2月2日 録音
Lee Morgan(tp) Sonny Clark(p)
Doug Watkins(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1.
Candy
2. Since I Fell For You
3. C.T.A.
Side-2
1.
All The Way
2. Who Do You Love, I Hope
3. Personality

またまた あるお気に入りのブログを見ていて感心し “恐れ入りました”、
と このレコードを聴き直してみました。
こんなに有名なアルバムです。 『Candy』 です。 名盤中の名盤です。
だけどブログの方のようにブルーノートのオリジナル盤では ありません。
ステレオのバージョンです。 タイトル曲 「Candy」 はモノとステレオでは
ハサミが入っていて かなり違うそうです。 残念ながら わたしはモノの
音を聴いていないので不明です。 どれぐらい変化してるんだろう。
さらに、こんな優しいリー・モーガンは嫌いだ というリスナーも
多くいらっしゃるようです。 が、わたしは このアルバムこそ彼の
最高傑作だと信じたいです。(全作品を聴いたわけではないのですが)

「Who Do You Love, I Hope」 の明るくて軽快なピストンさばきが
たまりません。 「All The Way」 の しっとり感は やんちゃな彼からは
想像もできない演奏です。 全曲がベストトラックといえる傑作です。
演奏には関係のないジャケットデザインで、BLUE NOTE の文字と 1590 の
あいだにキャンディ瓶の ふたのつまみを配するという微妙なセンス!


Candy / Lee Morgan(Reis)
Candy / Lee Morgan(Reis)

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/351-bcb66da9