Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Byrd In Paris / Donald Byrd

Donald Byrd Byrd In Paris Brunswick 87 903
★★★★☆
『Byrd In Paris』
Brunswick LPBM 87 903 → Import CD
1958年10月22日 パリ オランピア劇場にてライブ録音
Donald Byrd(tp) Bobby Jaspar(ts, fl)
Walter Davis Jr.(p) Doug Watkins(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1.
Dear Old Stockholm
2. Paul's Pal
Side-2
1.
Flute Blues
2. Ray's Idea
3. The Blues Walk

わたしは 「Dear Old Stockholm」 が好きで、この曲が入ったレコードは無条件で
許すことにしています。 その例に もれずフィガロ紙を読むバードが演奏する本盤も
いいでき。 イントロだけオフマイクに なっているのですが、あとは問題のない好録音。
ボビー・ジャスパーも いいのですが、ワトキンスのベースソロが すばらしい。
つづく 「Paul's Pal」 はジャスパーが作曲者ロリンズの音色を真似てユーモラス。
「Flute Blues」 ではジャスパーのフルートの名演が披露されます。
レイ・ブラウン作の 「Ray's Idea」 はピアノトリオの曲。 これはイマイチです。
ラストを飾る 「The Blues Walk」 は急速調でバードが のっています。
けっきょく しっとり聴かせてくれる 「Dear Old...」 がベストトラックでしょう。


Byrd In Paris / Donald Byrd
Byrd In Paris / Donald Byrd

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/352-28e9b6d8