Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ホレス・パーランの これって名盤?

ホレス・パーラン(Horace Parlan・未年)が1931年の きょう1月19日に
生まれています。 81歳になられました。
ホレスといえばブルーノートの 『Us Three』 をいちばんに あげるファンが
多いと思いますが、そんなに できのいい作品でしょうか。 わたしには疑問です。


Horace Parlan Us Three Blue Note BST 84037
★★★
『Us Three』
Blue Note BST 84037 → King GXF-3154
1960年4月20日 録音
Horace Parlan(p) George Tucker(b) Al Harewood(ds)


Side-1
1. Us Three
2. I Want To Be Loved
3. Come Rain Or Come Shine
4. Wadin'
Side-2
1. The Lady Is A Tramp
2. Walkin'
3. Return Engagement

1990年の東芝盤 LP は音が良くない。 ホレスのピアノが奥に引っ込んでしまって
ベース一人が活躍するレコードに なってしまっています。
とくに目玉の曲 「Us Three」 に それが如実に あらわれています。
この曲はホレスの右手が不自由だから生まれたのであって、音楽的には
苦肉の策と いえるものでしょう。 彼の別のアルバムにも同様の曲想を
持つものが まま見受けられます。
というわけで彼のオリジナル曲は三曲(「Us Three」 「Wadin'」 「Return
Engagement」) とも いただけません。
ちょっと弱々しいけれどスタンダードの 「The Lady Is A Tramp」 が まあまあ。
オリジナル盤の本物の音を聴いていないので、わたしが まちがっているのか?


Us Three / Horace Parlan
Us Three / Horace Parlan

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/355-ad34aae9