Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ジョー・オーバニー、旧さの魅力

ジョー・オーバニー(Joseph Albani=Joe Albany・子年)が1924年の
きょう1月24日に生まれています。 1988年1月12日に63歳で亡くなっています。
1970年代の頭に出てきたスティープルチェイス・レコードには けっこう
わくわくさせられたものです。 デンマークの若い Nils Winther という
人物が立ち上げた期待が持てるレコード会社でした。 でもジャケットは
ペラペラで、もうすこし なんとかならないものかと感じたものです。


Joe Albany Birdtown Birds Steeple Chase SCS-1003
★★★★
『Birdtown Birds』
SteepleChase SCS-1003
1973年4月25日、30日 Jazzhus Montmartreにてライブ録音
Joe Albany(p) Hugo Rasmussen(b) Hans Nymand(ds)


Side-1
1. Birdtown Birds
2. Willow Weep For Me
3. Steeplechase
4. Sweet And Lovely
5. Night And Day
Side-2
1. C. C. Rider
2. I'm Getting Sentimental
3. Round About Midnight
4. Night In Tunesia

SCS三作目の本作は超ベテランのオーバニーがコペンハーゲンのクラブで
演奏したライブ録音。 やはり荒っぽいプレイですが、魅力は あります。
オーバニーの演奏スタイルは、ずばり旧い。 1973年で この時代錯誤。
でも彼は こんな演奏を つらぬきとおしたプレイヤーなのです。
キース・ジャレットを聴き飽きたときにクラブの雰囲気を楽しむ、という
聴き方を わたしは この盤で しています。
わたしの お気に入りは 「Night And Day」 「Round About Midnight」、
ムードたっぷりでリラックスできるのが いいです。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "ありがとうございます"
fujita 様

コメントありがとうございます。
ベーシックなモダンジャズを中心に書いています。

2012.01.30 10:52 | URL | #- [edit]
fujita says... "はじめまして"
はじめまして、fujitaともうします。
現在イラストを勉強中です。
ジャズはあまりわかりませんが最近すこし
興味がでてきました。
どれから聴けばいいのかわかりませんが
フリージャズじゃなくてすこし、ムードがあって
スローな曲が好きです。
男女は問いませんが。
また寄ってみますので
よろしくお願いします。
2012.01.29 17:55 | URL | #- [edit]
ktdchon says... "オーバニーの魅力"
BreakN' Bossa 様

コメントありがとうございます。
おっしゃるようにジャズを“新しい、旧い”で聴くのはまちがいかもしれません。
本盤を購入した当時はSteepleChaseの魅力と重なって、よく聴きました。
聴くほどにライブの楽しさが伝わってきて“オーバニーの力は これだ”と思ったものです。
それ以前から彼のRiverside盤を聴こうと思っていたのですが、いまだに未聴のままです。
まぁいつかは聴こうと考えています。
2012.01.25 10:40 | URL | #- [edit]
BreakN' Bossa says... "“オーバニーがわかれば本物”"
「Night And Day」に「Round About Midnight」、いずれもオーバニーにしか出しえない味わいがあります。これは何だろう?と聴くたびに思うのです。明らかに「何かが違う」わけです。

僕はジョー・オーバニーのプレイが古臭いとは全然思いません。仰るようにスタイルとしてはたしかに「旧い」のかもしれませんが、訴えかけてくるものに古いも新しいもありません。彼の陰翳に満ちたプレイには聴いていて言葉を失うような「凄み」があります。そこに寂しさや孤独、そして滲み出る人生を濃厚に感じるのですよ。そんなジャズ・マンは今の若手には、私の知るかぎり一人もいません。

演っている曲といえば似たり寄ったりのカビ臭いバップ・チューンばかり、プレイも一本調子だし面白味がないと思われている方が評論家も含め大半でしょう。が、僕はこの人の良さが判るか否かの一点で、その人のジャズのセンスの真贋が見分けられると思っています。今、本盤を久々に聴き返しています。彼のプレイに浸るには最適の時間・・、あいかわらず彼の「魂の声」が聴きとれるかのようです。
2012.01.25 01:10 | URL | #mQop/nM. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/357-1dcd281f