Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Swing Swang Swingin' / Jackie McLean

Jackie McLean Swing Swang Swingin Blue Note BLP 4024
★★★★☆
『Swing, Swang, Swingin'』
Blue Note BLP 4024 → King GXK-8081
1959年10月20日 録音
Jackie McLean(as) Walter Bishop Jr.(p)
Jimmy Garrison(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1. What's New
2.
Let's Face The Music And Dance
3. Stable Mates
4. I Remember You
Side-2
1. I Love You
2.
I'll Take Romance
3. 116th And Lenox

ほんとうに聴きやすい。 こんなに すんなり入ってくるジャズも珍しいのでは。
ハンク・モブレーの 『Soul Station』 のところでも書いたのですが、同じように これが
マイルス・デイヴィスの 『Dig』 で共演したマクリーンと同一人物なのか疑ってしまう。
まるで引っかかりがない、なさすぎるのです。 楽器が彼の からだの一部としか思えない
ほどスムースなプレイ。 といって ちゃんとマクリーン節は満載なのです。
しかし、やはりワンホーン・ジャズの快演には ちがいありません。
スタンダード曲がすべて良い。 とくに好きなのは 「Let's Face The Music And Dance」、
「I'll Take Romance」 の二曲です。


Swing Swang Swingin' / Jackie McLean
Swing Swang Swingin' / Jackie McLean






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/361-3028ab9b