Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Red Garland Trio At The Prelude

Red Garland Trio At The Prelude Prestige 2PRCD-24295-2
★★★★☆
『Red Garland Trio At The Prelude』
Prestige 2PRCD-24295-2
1959年10月2日 Preludeにてライブ録音
Red Garland(p) Jimmy Rowser(b) Charles “Specs” Wright(ds)


Disc-1
01. M-Squad Theme
02. There Will Never Be Another You
03. Let Me See
04. We Kiss In A Shadow
05. Blues In The Closet
06. Satin Doll
07. Lil' Darlin' -false start-
08. Lil' Darlin'
09. One O'Clock Jump
10. Perdido
11. Bye Bye Blackbird
12. Like Someone In Love
Disc-2
01. It's A Blue World
02. Marie
03. Bohemian Blues
04. One O'Clock Jump
05. A Foggy Day
06. Satin Doll
07. Mr. Wonderful
08. Just Squeeze Me(But Don't Tease Me)
09. Prelude Blues
10. Cherokee
11. One O'Clock Jump

52年4ヵ月前、昭和34年10月2日 金曜日の夜、レッド・ガーランドは
クラブ・プレリュードで演奏を始めました。 3セットのトータル演奏時間は
2時間18分10秒。 これらの演奏は4枚のアルバムに分散して発売されました。
当日の観客の人たちは すばらしい演奏を堪能したことでしょう。
2曲目の 「There Will Never Be Another You」、珠玉のソロを聴く。
玉を転がすとは、まさに このことを言うのですね。
「Bye Bye Blackbird」 もいいテンポで心が癒される名演です。
ガーランドのファンで、バラードが最上 という方がいらっしゃいますが
やはり あるていどテンポがリズミックな曲のほうがガーランドには向いています。
「Marie」 など その最適な例だといえます。 見事なリズム感だと思います。
ウエストミンスター寺院?の鐘の音を模して始まる 「A Foggy Day」 も快演。
「Prelude Blues」 はアフターアワーズ的なムードが いっぱいで すてきです。
当時発売されなかった 「Cherokee」 は、なるほどな とうなずけます。
いずれにせよ この日は魅力満載の一夜だったことは まちがいありません。


Red Garland At The Prelude Prestige PRLP 7170 Red Garland Lil Darlin New Jazz NJLP 8314
Red Garland Live! New Jazz NJLP 8326 Red Garland Satin Doll Prestige PRLP 7859
Disc-1/2, 3, 9~11 Disc-2/6, 8, 9 『At The Prelude Prestige PRLP 7170』
Disc-1/4, 5, 8, 12 『Lil' Darlin' New Jazz NJLP 8314』
Disc-2/2~5, 7 『Live! New Jazz NJLP 8326』
Disc-1/1 Disc-2/1 『Satin Doll Prestige PRLP 7859』
Disc-1/6, 7 Disc-2/10, 11 Previously Unissued


Red Garland Trio At The Prelude
 Red Garland Trio At The Prelude






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/364-580a4a2c