Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Arrival Of Victor Feldman

The Arrival Of Victor Feldman Contemporary S 7549
★★★★☆
『The Arrival Of Victor Feldman』
Contemporary S 7549 → Contemporary OJCCD-268-2
1958年1月21日、22日 録音
Victor Feldman(vib, p) Scott LaFaro(b) Stan Levey(ds)


Side-1
1.
Serpent's Tooth
2. Waltz
3. Chasing Shadows
4. Flamingo
5. S'posin'
Side-2
1.
Bebop
2. There Is No Greater Love
3. Too Blue
4. Minor Lament
5. Satin Doll

このアルバムはスコット・ラファロが参加していなければ聴かない?
というのがわたしのホンネ。 購入の動機です。
「S'posin'」 ではフェルドマン以上に主役になっているし 「Bebop」 では
超特急のスピードで突っ走る。 まるでギネスに挑戦しているようです。

ベストトラックはマイルス・デイヴィス作曲の 「Serpent's Tooth」、
理由はラファロがウォーキングベースに徹しているから(笑)。
ソロもわりに素直でいい。 「There Is No Greater Love」 もいいなぁ。
このアルバムの録音ほど楽器のセパレート感が はっきりしたものも
めずらしいと思います。 しかし ちょっとやりすぎだなぁデユナンさん。


The Arrival Of Victor Feldman
 The Arrival Of Victor Feldman

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/365-4f4b73d3