Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Parker's Mood / 渡辺貞夫

渡辺貞夫Parkers Mood
★★★★
『Parker's Mood Live At Bravas Club '85』
Elektra 60475-1 → Warner Pioneer 32XD-355
1985年7月13日 ラフォーレミュージアム赤坂にてライブ録音
渡辺貞夫(as) James Williams(p)
Charnett Moffett(b) Jeff Watts(ds)


Side-1
1. Stella By Starlight
2. Everything Happens To Me
3. Lament
Side-2
1. Billy's bounce
2.
I Thought About You
3. Parker's Mood

CD Additional tracks
7. Bird Of Paradise
8. Beautiful Love

アナログ盤は6曲。 CDはプラス2曲。 1985年、資生堂BravasのCM音楽を
担当していた渡辺貞夫氏がチャーリー・パーカーの愛奏曲をライブで収録。
LPは権利の関係か、なぜかアメリカのエレクトラから発売され、国内盤は
ワーナー・パイオニアからリリース。 のちにDVDも発売されました。
さすが日本のバードといわれるナベサダさん。 テクニックは問題なし。 見事。
だけど奥深い部分で なにかが足りない。 ほんのなにかが。 でもこれが重要。
それはプレイヤー独自が持つ “節” なのです。 むかしからナベサダさんが
好きだけれど、この点だけは不満なのです。

わたしが好きなベストトラックは LPには未収録の2曲 「Bird Of Paradise」 と
「Beautiful Love」 です。 とくに前者はアイデアが湧き出て あふれています。
ちなみに このジャケットデザインの すばらしさは邦盤のなかでも屈指のものです。
Hiroyasu Yoshikawa 、Akihiko Sawada の両氏のクレジットに なっています。


Parker's Mood Live At Bravas Club ‘85
Sadao Watanabe
Parker's Mood Live At Bravas Club ‘85<br />Sadao Watanabe






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re: watanabe sadao"
saheiji 様

コメントありがとうございます。
ナベサダさんは、いろいろ意見が分かれるのかなぁ。
文藝春秋の三月号で、ちょっぴり自分自慢をされてます。
読んでいてちょっと笑える部分もありました。
ヒノテルさんは、彼が二十代前半のころは大好きでした。
キャニオンに移ってからの演奏にはついていけなくなり、
それ以降聴くのをやめました。
やはり日本のプレイヤーは層が薄く浅いのでしょうか。
ベテランにしても若手にしても、思い浮かぶ人がいません。
2012.02.10 14:16 | URL | #- [edit]
mi=nology改めsaheiji says... "watanabe sadao"
生できいたときには興奮しました。
サイドメンを勤めた人々も絶賛している人です。
好きな演奏家ですが、どこかひっかかるところがあるんですね。いまひとつ。
日野皓正も同じです。
中古のLP,CD市場を見ると皆さん同じ思いを持っているんだなと、おもいませんか。
2012.02.09 21:28 | URL | #- [edit]
ktdchon says... "Re: なべさだ"
saheiji 様

コメントありがとうございます。
ナベサダさんは、なんといっても日本を代表するプレイヤーです。
わたしごときが批評する資格はありませんが、
ファンだからこそ感じたことをアップさせてもらいました。
新しいプレイヤーでは、もうベテランの域ですが木住野さんがいいと思います。
むかしでいえば大西順子さんが登場したときぐらいのレベルの方だと思います。
あとは… う~ん、としか言いようがありません。
ふるい演奏を聴くのは、それが聴きつづけられるものだったら、
やはりコンテンポラリーな名演だからでしょう。
2012.02.09 17:23 | URL | #- [edit]
mi=nology改めsaheiji says... "なべさだ"
渡辺貞夫はピットインのライブ、あとはタクトのジャズワークショップがいいですね。
アフリカものやその他のものは軽薄で売れ専、でもライブアットジャンクなんかは思い切り全員下手糞ですがいいですね。
このブログ、愛読してはいますが、これからの人ってのはいませんかね。
youtubeみてもjazzぽい演奏するひとばかりで、心に響く人はいませんからしょうがないか。
上●とか市●とか寺※保とかみんなそうですね。
男はどこへいったのだ。
jazzとは終わったものでしかないのでしょうか。
過去のものをあさるしか楽しみがありません。
2012.02.08 20:44 | URL | #OlDI4zTg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/367-1bd61af7