Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Kenny Dorham And The Jazz Prophets Vol.1

Kenny Dorham And The Jazz Prophets Vol.1 ABC Paramount ABC 122
★★★★★
『Kenny Dorham And The Jazz Prophets Vol.1』
ABC-Paramount ABC-122 → Nippon Columbia YW-8503-AB
1956年4月4日 録音
Kenny Dorham(tp) J.R. Monterose(ts)
Dick Katz(p) Sam Jones(b) Arthur Edgehill(ds)


Side-1
1.
The Prophet
2. Blues Eleganté
Side-2
1.
DX
2. Don't Explain
3. Tahitian Suite

ディック・カッツのピアノで始まる 「Blues Eleganté」。 彼のこと あまり知りませんが
チャーミングで小粋なソロ(短いけれど)の すばらしいこと。
このアルバムはジャズのエッセンスが ぎっしり詰まっている名盤といえるでしょう。
「The Prophet」 や 「DX」 は典型的なハードバップ。 「Blues Eleganté」はアフター
アワーズ的な佳曲。 「Don't Explain」 はビリー・ホリデイで有名なバラードの極致。
「Tahitian Suite」 はオリエンタル、エキゾチックな名曲。 「Don't Explain」を除き
ドーハムの作曲が冴えている すばらしいアルバムです。
モンテローズと組んだジャズ・プロフェッツ、このアルバムに関しては Vol.2 が
出ていません。 ジャズファンとしては もっと聴きたいと思わせる すばらしい盤です。


Kenny Dorham And The Jazz Prophets
 Kenny Dorham And The Jazz Prophets






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/375-7bf8b48b