Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Wynton Kelly Piano

Wynton Kelly Piano Riverside RLP 12-254
★★★★☆
『Wynton Kelly Piano』
Riverside RLP 12-254 → Jazzland JLP 983
1958年1月31日 録音
Kenny Burrell(g) Wynton Kelly(p)
Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds/Side-1)


Side-1
1. Whisper Not
2. Action
3.
Dark Eyes
Side-2
1. Strong Man
2.
Ill Wind
3. Don't Explain
4. You Can't Get Away

若死にしたから身びいきになるのだろうか、わたしはウィントン・ケリーが好きです。
このアルバムはベニー・ゴルソン作の 「Whisper Not」 が聴きたくて、買ったまま
B面を聴くことが まずなかったのです。 ところが だいぶん経ってから B面を聴いて
みると、これがなかなかいい。 なにがそう思わせるのだろう。 はっと気がつきました。
ドラムスがいない。 ピアノ、ギター、ベースのトリオだ。 このほうが断然いい。
「Don't Explain」 なんぞ、しびれまくりです。 切ないです。 名曲名演。
「Ill Wind」 も始まりから体が うきうきしてくるのです。
ただ A面にもすてきな曲、演奏があります。 「Dark Eyes」 がそれ。
いったい だれが作曲したのでしょうか。 むかしから好きな曲の ひとつです。

傍系レーベルから再発売されたときのジャケット。 Jazzland JLP 983

Wynton Kelly Whisper Not Jazzland JLP 983

Wynton Kelly Piano
Wynton Kelly Piano

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/376-d455b16b