Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Opus De Jazz / Milt Jackson

Frank Wess, Milt Jackson Opus De Jazz Savoy MG 12036
★★★★★
『Opus De Jazz』
Savoy MG 12036
1955年10月28日 録音
Milt Jackson(vib) Frank Wess(fl, ts/1-2)
Hank Jones(p) Eddie Jones(b) Kenny Clarke(ds)


Side-1
1.
Opus De Funk
2. Opus De Pocus
Side-2
1. You Leave Me Breathless
2. Opus And Interlude

なんなのだろう、この気持ちよさは。 今回久しぶりに この傑作を聴いてみました。
1955年といえば昭和30年。 57年も むかしの録音。 この年の7月にミルトは
MJQとして傑作 『Concorde』 を録音。 32歳の脂の乗りきった時期だったのです。
全曲すばらしいのですが、なんといっても 「Opus De Funk」 は珠玉の作品です。
ミルト、ウェス、ハンクが延々とソロを繰りひろげるのですが13分強が あっという間。
“もっと聴いていたい” という、名演奏に つきものの常套句が おおげさではないのです。
もう一曲 「You Leave Me Breathless」 も哀愁あふれる演奏で すばらしい。
こういう定番の超名盤は、どうしても手に取ること、聴くことが少なくなります。
やはり手元に置いて愛聴するべきです。 ただし演奏時間が33分強というのが残念

しかしセカンドのこのジャケットは、いただけません。
モノクロのオリジナルで出してほしいものですね。

Opus De Jazz / Milt Jackson
Opus De Jazz / Milt Jackson






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/384-c304b5c8