Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Hank Mobley

Hank Mobley Blue Note BLP 1568
★★★★
『Hank Mobley』
Blue Note BLP 1568 → King GXK-8225M → Toshiba-EMI BN 1568
1957年6月23日 録音
Bill Hardman(tp) Curtis Porter(as, ts) Hank Mobley(ts)
Sonny Clark(p) Paul Chambers(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1.
Mighty Moe And Joe
2. Falling In Love With Love
3. Bags' Groove
Side-2
1. Double Exposure
2.
News

ブルーノートでオリジナルが とてつもなく希少ということで有名な、いわゆる超幻盤。
状態が良いものは30万円前後で取引きされたという話し、ジャズ通なら知っていますね。
わたしが持っていた LP盤は東芝が出した初のステレオ盤でした。(現在手元になし)
ずっと気になっていることは、このステレオ盤にはハサミが入っていて、モノラル盤とは
ニュアンスが ちがうということ。 ネットを探っても、そのあたりのことを書いたものが
見つかりません。 東芝盤の解説では(うろおぼえですが)モノラル盤の評価が高い。
それを研究なさっている方が いらっしゃれば ぜひ お聞きしたいものです。

演奏についてはカーティス・ポーター作の 「Mighty Moe And Joe」 はやはり聴きもの。
彼のもう一曲 「News」 もいい出来だと思います。 あとは 「Falling In Love With Love」。
主役のモブレーが もう少し元気が あればなぁ。 ビル・ハードマンは音程を はずしたり
して やはり二流の域を出ていません。
そして忘れてならないのが、ソニー・クラークBNデビュー盤であること。

買おうかどうか、迷っています。

Hank Mobley / アナログ盤プレミアム復刻
Hank Mobley / アナログ盤プレミアム復刻






耳マークの謎もわかります。
ブルーノートレコード オリジナル プレッシングガイド
Frederick Cohen / 行方均


よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/386-3596dbcb