Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Sidewinder / Lee Morgan

Lee Morgan The Sidewinder Blue Note BST 84157
★★★★
『The Sidewinder』
Blue Note BST 84157 → Liberty
1963年12月21日 録音
Lee Morgan(tp) Joe Henderson(ts)
Barry Harris(p) Bob Cranshaw(b) Billy Higgins(ds)


Side-1
1.
The Sidewinder
2. Totem Pole
Side-2
1. Gary's Notebook
2. Boy, What A Night
3.
Hocus-Pocus

リー・モーガン25歳のときの大ヒット作。 ジャズファンならずとも周知の一枚。
ガラガラヘビ(スナクサリヘビ)という名のタイトル曲。 ほんとうにヒットした。
調べてみたらテイク25がマスターに採用されている。 根気のいる仕事です。
このアルバムは冒頭のタイトル曲だけが話題にのぼるけれど、ベストトラックは
「Totem Pole」 だと思います。 持っている方は いちどじっくり聴いてみてください。
エキゾチックなテーマをヘンダーソンと奏でると、それだけで ぞくぞくしてきます。

1年11ヵ月ぶりのリーダー作の録音。 モーガンは起死回生的な気持ちもあって
この作品に臨んだのでしょう。 全5曲、力を注いで作曲しているのですが、
タイトル曲だけ目立ってしまう結果に。
B面では “ペテン” という名の 「Hocus-Pocus」 が佳作。 ヘンダーソンもいいし、
ヒギンスが あざやかな独特のスティックさばきで力演しているのです。


The Sidewinder / Lee Morgan(RVG)
 The Sidewinder / Lee Morgan(RVG)

センターレーベルをデザインしたのは だれ?
ブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイド
フレデリック・コーエン:著 行方 均:監修・訳
ブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイドフレデリック・コーエン:著 行方 均:監修・訳






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/391-b1ceae27