Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Art Of The Trio / Sonny Clark

Sonny Clark The Art Of The Trio Blue Note
★★★★☆
『The Art Of The Trio』
Blue Note → King GXF-3069
(1/1~3)1957年9月13日 録音
Sonny Clark(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)
(1-4, Side-2)1958年11月16日 録音
Sonny Clark(p) Jymie Merritt(b) Wes Landers(ds)


Side-1
1.
Tadd's Delight(alternate take)
2. Two Bass Hit(alternate take)
3. I Didn't Know What Time It Was(alternate take)
4. Ain't No Use
Side-2
1. Black Velvet
2. I'm Just A Lucky So And So
3. Gee Baby Ain't I Good To You
4. The Breeze And I
5. I Can't Give You Anything


キングから世界初登場シリーズの一枚として1979年(たぶん)にリリースされた
発売当時ファンの あいだで話題になったアルバムです。 Side-1 の3曲は 1579 の
別テイクなので、他の収録曲とは ちがい力が入っています。 とくに冒頭の2曲は
すばらしい名演です。 1958年に録音した曲はリラックスしたスタンダードばかり。
みんな好きですが、わたしはとくに 「The Breeze And I」 “そよ風とわたし” と
名付けられた曲が大好きです。 キューバの作曲家エルネスト・レクオーナが つくった
すてきな曲で、アート・ブレイキーも 4054 で演奏していたり、アート・ペッパーのも
有名です。 あと 「Gee Baby Ain't I Good To You」 も佳曲です。
このアルバム、いま現在 手に入りにくいのが残念です。

Sonny Clark The 45 Sessions Blue Note 1617
CDでリリースされたときのジャケット 『The 45 Sessions』 Blue Note 1617

最後のモノラル盤は何番?

ブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイド
フレデリック・コーエン:著 行方 均:監修・訳
ブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイドフレデリック・コーエン:著 行方 均:監修・訳






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/394-cd20cff9