Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

A Portrait Of Thelonious / Bud Powell

Bud Powell A Portrait Of Thelonious Columbia CL 2292
★★★☆
『A Portrait Of Thelonious』
Columbia CL 2292
1961年12月17日 パリ、シャルロットスタジオにてライブ録音
Bud Powell(p) Pierre Michelot(b) Kenny Clarke(ds)


Side-1
1. Off Minor
2. There Will Never Be Another You
3. Ruby, My Dear
4. No Name Blues
Side-2
1. Thelonious
2. Monk's Mood
3. I Ain't Foolin'
4. Squatty

鬼才が普通の人になって くつろいだ演奏をしている。 そういう意味で評価の高い
アルバムのようですが、わたしは あまり好きではありません。 パリに移住して二年、
精神的にも肉体的にも安息が訪れていた時期の、たるみのあるプレイなのです。
尊敬しているモンクの曲を自家薬籠中のものにしているところは さすが名人です。
二曲目のスタンダード 「There Will Never Be Another You」 はアルバムとしては
突然の違和感。 こんな甘い曲でもパウエルの唸り声は響きわたっています。
評判の良い 「Monk's Mood」 は わたしには退屈なだけの曲と いわざるをえません。
わたしが好きでベストトラックと思うのはボスティック作 「No Name Blues」 です。
いわゆるジャズブルースの典型的な味わいに あふれた曲で、のりがいいのです。
あと 「I Ain't Foolin'」 はパウエルのスピード感に ぴったりの秀曲だと思います。
ジャケットに描かれた忘れられない抽象画はパノニカの作品です。


A Portrait Of Thelonious+1 / Bud Powell
A Portrait Of Thelonious+1 / Bud Powell






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/400-6eab29bd