Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Trio '65 / Bill Evans

Bill Evans Trio 65 Verve V6-8613
★★★★★
『Trio '65』
Verve V6-8613
1965年2月3日 録音
Bill Evans(p) Chuck Israels(b) Larry Bunker(ds)


Side-1
1. Israel
2. Elsa
3. 'Round Midnight
4. Our Love Is Here To Stay
Side-2
1.
How My Heart Sings
2. Who Can I Turn To ?
3. Come Rain Or Come Shine
4. If You Could See Me Now

これだけ名曲を集めたアルバム、そうざらに あるものではありません。 エヴァンスは
手慣れた曲だから、テンポアップで新しさを演出しようと工夫したのでしょう。
じつは わたしが思っていること-というかエヴァンスフリークみんなが思っている?-
ビル・エヴァンスというピアニストのアーティストとしてのピークは この時代なのでは
ないだろうか。 メンバーとしてもセカンドトリオの脂が のった時期。 充実感があります。
後年のラストトリオは評価が高いのですが、エヴァンスはスタジオ録音を ほとんど
していません。 ライブでの緊迫感、一発勝負だけを信条に演奏していたのです。
編集や録り直しで完成させるアルバム(作品)は創りたくなかったのでしょう。
それは病気との闘い、というより死を振り払うための自身との葛藤だったのでしょう。
というわけで、純粋にエヴァンスのジャズを堪能できるのは60年代ぐらいまで、
ファンタジーやワーナーの一部を除き、せいぜい74年の 『Since We Met』 までだと
わたしは感じているのです。

このアルバム、ベストトラックはやはり 「How My Heart Sings」 に尽きるでしょう。
いやぁ 「Elsa」 「Who Can I Turn To ?」 もいい。 とくに後者の愛らしさといったら
たまりません。 これら8曲、エヴァンス作は一曲もありません。 それが残念。

同時期、同一メンバーの演奏 「My Foolish Heart」



Trio ‘65 / Bill Evans
Trio ‘65 / Bill Evans






1968年の こんな音源が発掘されました!
Live At Top Of The Gate / Bill Evans
 Live At Top Of The Gate / Bill Evans

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re: 大好きです"
taketone 様

コメントありがとうございます。
わたしは いつでも気軽に聴けるよう MDにコピーして楽しんでます。
最近ビル・エヴァンスに再燃しています。
『Waltz for Debby』 は どのディスクが高音質なのかとか、
でも taketone さんもご経験済みでしょうが、きりがないですものね。
いろいろ悩みつつ、でも奥深い愉しみです。
2012.03.29 11:18 | URL | #- [edit]
taketone says... "大好きです"
ご無沙汰しております。
私もこの作品、大好きです。
エヴァンス名曲のオンパレード。
私は特に「エルザ」がお気に入り。
リヴァーサイドのファースト・トリオ4部作ばかり注目されますが、
聴き込んでみるとこの作品、
ホント充実感があります。
素晴らしいですよね。
2012.03.28 21:37 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/402-b08902cf