Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

やっと買った音質のいいズートのCookin’ !

Zoot Sims Cookin ! Fontana 683 273 JCL
★★★★☆
『Cookin' !』
Fontana 683 273 JCL → UCCU-6165
1961年11月13日、14日、15日 Ronnie Scott Club にて録音
Zoot Sims(ts) Jimmy Deuchar(tp/2-3) Ronnie Scott(ts/2-3)
Stan Tracey(p) Kenny Napper(b) Jackie Dougan(ds)


Side-1
1. Stompin' At The Savoy
2. Love For Sale
3. Somebody Loves Me
Side-2
1. Gone With The Wind
2. Autumn Leaves
3. Desperation

おおむかし音の悪い再発盤で聴いていましたが、今回音質のいい CD を新たに購入。
そのすばらしい内容に、あらためて興奮し、ズートって いいなぁと感じています。
ズートのソロプレイは展開が読めない。 つぎはどうくるか。 スリル満点なのです。
このライブアルバムも そういった一枚。 聴いていて わくわくする魅力満載の演奏。
ただひとつ、わたしはピアノのスタン・トレイシーが気にいりません。
モンクライク? 似非としか思えません。 そして輪をかけたように変な音がするピアノ。
わざと調律で音質を変えているのか、そんな音しか出ない変てこピアノか?
スタン・トレイシーを高評価する方がいるようですが、このアルバムで聴くかぎり
わたしには理解できません。 星半分減点は、これが理由。
ズートのワンホーンが存分に愉しめる必携の盤。 どれも すばらしい名曲で快演ですが
ベストトラックは なんといっても 「Autumn Leaves」 で きまり。
一曲だけセクステットの 「Desperation」 も意外に好演。 クラブの雰囲気が伝わります。


Cookin’ ! / Zoot Sims
Cookin’ ! / Zoot Sims






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/408-9d522596