Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ちょっと惜しいモブレーの快作

Hank Mobley Workout Blue Note BST 84080
★★★★
『Workout』
Blue Note BST 84080
1961年3月26日 録音
Hank Mobley(ts) Grant Green(g)
Wynton Kelly(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)


Side-1
1.
Workout
2. Uh Huh
Side-2
1.
Smokin'
2. The Best Things In Life Are Free
3. Greasin' Easy

ケニー・バレルの 『Midnight Blue』 もそうだけれど、テナーとギターという
組み合わせは、ジャズの雰囲気を見事に表現する楽器同士だと思います。
このモブレーの代表作もそういった一枚。 手慣れた調子で繰り出されるモブレーの
ソロのあとにグリーンのギターが出てくると、う~んジャズを聴いていてよかった、
と感じるのです。 心からどっぷりとジャジーな世界に浸れる作品です。
モブレーの曲が4曲、いずれも奇を てらわない素直で聴きやすい曲想です。
「The Best Things In Life Are Free」 はちょっと甘め、ボーカルで有名な曲なので
アルバム全体の雰囲気に少しだけ そぐわない感じがします。
だけど、ラストの自作 「Greasin' Easy」 で また引き締めにかかります。
できれば すべてオリジナル曲で まとめてほしかったアルバム。 そうすれば星五つ。


Workout / Hank Mobley
Workout / Hank Mobley

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re: 素晴らしい"
キタサン様

コメントありがとうございます。
ブログを書きながら どのていど読まれているか、
どんなふうに関心を持っていただいているか、ほんとうに気になるところです。

キタサンさんのようなコメントをいただけると、心底 嬉しいです。
これからも わたしの気持ちを素直に述べていこうと思います。
ひきつづき訪問してください。よろしくお願いいたします。
2012.04.14 09:02 | URL | #- [edit]
キタサン says... "素晴らしい"
初めまして 最近このサイトを発見、 見させていただいております。
それにしてもJazzに造詣が深いですね。有名盤もありますが かなりマニアックな盤もあり非常に私の好みに合うものばかりです。

5年位前からオーディオを始めたオーディオ初心者ですが オーディオを始める前に持っていたJAZZのCDをかなりの数 整理して後悔しております。その中には ここで紹介しておられたものもあり、的確な批評が改めて購入する指針にもなります。

これからも色々なアルバムを紹介して下さい。よろしくお願い致します。
2012.04.13 22:33 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/411-e7cde243