Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

デクスター・ゴードンの渋い盤

きょうはテナーサックスの デクスター・ゴードン(Dexter Gordon・亥年)です。
彼は1923年のきょう2月27日に生まれています。 亡くなったときは67歳でした。
フランスやデンマークで多くの録音を残していて、あなたもお持ちではないでしょうか。
1986年には、わたしもテレビで観ましたが、実話を元にした映画 「ラウンド・ミッド
ナイト」 に主演で登場し、アカデミー主演男優賞の候補にもなったそうですね。
この「ホット・アンド・クール」は、輸入盤(準オリジナル)を持っていたのですが、
ヤフオクで手放してしまい、いまはフレッシュサウンドのCDで聴いている始末です。


Dexter Gordon Blows Hot and Cool Dootone DL 207
『Dexter Blows Hot And Cool』
Dootone DL 207
1955年11月11, 12日 録音
Dexter Gordon (ts) Jimmy Robinson (tp/1-1,1-3,2-1)
Carl Perkins (p) Leroy Vinnegar (b) Chuck Thompson (ds)


Side-1
1. Silver Plated
2. Cry Me A River
3. Rhythm Mad
4. Don't Worry About Me
5. I Hear Music
Side-2
1. Bonna Rue
2. I Should Care
3. Blowin’ For Dootsie
4.
Tenderly

アルバムタイトルどおり、ホットな演奏とバラードを交互に入れ、聴き手を飽きさせ
ないようにしています。 1-1 や1-3 ではパーキンスのピアノがよく歌っています。
オリジナルの 2-1 ではデックスが 「ポパイ・ザ・セイラーマン」 のメロディーをご愛嬌で
挟んでいます。 1-4 のオープニングはカール・パーキンスのすてきなソロから入り、
デックスがしっとりとバラードの真髄を聴かせてくれます。
わたしは、やはりバラードの1-2、1-4、2-2、2-4 が好きですが、ラストに配した
「テンダリー」 の情緒あふれるデックスのテナーに うっとりしてしまいます。


Dexter Blows Hot And Cool / Dexter Gordon
 Dexter Blows Hot And Cool / Dexter Gordon

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "何年さきになるか…"
einishi2 様 コメントありがとうございます。

いつかはまた再発売するでしょうが、いつのことやら。
輸入盤CDは、いまでも手に入るでしょうが…
わたしの小遣いでは、とても追いつきません。
ボーカルでもクラシックでも、ほしいものがいっぱいです。
2011.03.01 22:11 | URL | #- [edit]
einishi2 says... "残業が多くてCD集めるしかできないときがありました。"
14-5年前、ちょうど40才ぐらいでとにかく残業が多くて、
そのころRVGの紙ジャケのCDがでたんですよ。これあっというまに
限定だったので無くなっていくので、生協に毎月予約をいれて職場で受け取ってました。
人気のあったコルトレーンのBlueTrainは買えなくて残念に思っていたら
研修でコンサルタントと話があってその息子さんがレコード会社だったので
再プレスをすぐ譲ってもらったりして夢をかなえてました。
それで30枚ぐらいになったんですがCDは全部は買えませんでした。
いつかは全部そろえたいとは思ったのですがもう無理でしょうね。
2011.03.01 21:31 | URL | #xyyekUkk [edit]
ktdchon says... "CD 30枚でもすごいですよ"
einishi2 様 コメントありがとうございます。

ブルーノートのCD をそれぐらい聴くってすごいと思いますよ。
わたしの若いころは、いま数万円で取引きされているオリジナル盤が、
発売後10年経っていても2,800円で買えたものです。
某有名百貨店のレコード売り場のストック場にブルーノートのオリジナルが
ごろごろしていて、有名盤を買いましたが、給料が5枚分ぐたいだったので、
入手できたのはコレクションというにはほど遠い枚数です。
それらもずっとあとになって、ほとんどヤフオクで売ってしまいました。
いま考えると、後悔の極みですね。
2011.03.01 11:01 | URL | #- [edit]
einishi2 says... "さすがですね。"
さすがですね。たまたま、CDでblueNote集めた時期があったので。
でも高々30枚ぐらいしかありません。
オーディオ雑誌で紹介されてたのを買うだけでしたから。
これからもいろいろお願いします。
2011.02.28 22:28 | URL | #xyyekUkk [edit]
ktdchon says... "デクスターはいいと思います"
einishi2 コメントありがとうございます。

わたし、名盤「GO」を聴こうと思いながら聴きそびれていることで
ジャズファンの名を返上しなければいけないかもしれません。
Cheese Cake が有名ですが、それさえ聴いていません。
デックスが渡欧直前に録音したこのレコード、いつか必ず買わなければ…
Love For Sale はキャノンボール・アダレイのブルーノート盤
「Somethin' Else」のマイルスを聴くのがいちばんポピュラーでしょう。
むかしむかし、マイルスを真似て Love For Sale のフレーズを
トランペットで吹いていたことがありました。40年以上まえのことです。
2011.02.27 23:54 | URL | #- [edit]
einishi2 says... "デクスターゴードンいいですね"
いまちょうどデクスターゴードンのGOを聞いていました。有名な曲でLove For saleというのがあるようですね。このフレーズ良く聴きます。
ご紹介のあった盤は持ってないですが、気持ちよいテナーサックスですね。
2011.02.27 20:14 | URL | #xyyekUkk [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/43-ea1c9719