Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

わたしのブラウニー開眼盤

Clifford Brown And Max Roach Study In Brown EmArcy MG 36037
★★★★★
『Study In Brown』
EmArcy MG 36037 → Nippon Phonogram SFX-7304M
(1-3, 1-4, 2-3, 2-5)1955年2月23日 録音
(2-1, 2-4)1955年2月24日 録音
(1-1, 1-2, 2-2)1955年2月25日 録音
Clifford Brown(tp) Harold Land(ts)
Richie Powell(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)


Side-1
1. Cherokee
2. Jacqui
3. Swingin'
4. Lands End
Side-2
1.
George's Dilemma
2. Sandu
3. Gerkin For Perkin
4. If I Love Again
5. Take The A Train

クリフォード・ブラウンを初めて聴いたのは当アルバムの 「George's Dilemma」 です。
なんと なめらかで艶やかで、それはテクニックと情感の両立を完璧に成しえていたのです。
ブラウニーの作曲としても とても魅力的でキュートな一曲です。
このレコードが きっかけになりエマーシー盤やプレスティッジ盤、ヴォーグ限定版CDと
聴くようになりました。 1952年3月21日から亡くなる前日の1956年6月25日まで、
4年3ヵ月の短い活動期間ですが、これは まさに黄金の日々だったのです。
そしてナンシー・パウエルの自動車の運転ミスによって一瞬にして閉ざされました。
ここでは24歳のブラウニーの ほとばしるような すばらしいプレイが堪能できます。
すべてがベストトラックですが、わたしが とくに好きなのは 「George's Dilemma」、
「Sandu」 「If I Love Again」。
いずれにせよ、ジャズを聴くならブラウニーを聴かないとジャズは語れないことは
言うまでもありません。


Study in Brown / Clifford Brown
Study in Brown / Clifford Brown






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:サックスとトランペット"
キタサン様

コメントありがとうございます。
わたしもトランペットを独学で吹いていたことがありました。
YAMAHA YTR-634 と JET TONE で拙ブログに書いております。
よろしければサーチで検索してごらんください。
しかし楽器をマスターできれば楽しいでしょうね。
2012.05.12 11:48 | URL | #- [edit]
キタサン says... "サックスとトランペット"
こんにちは。

昔 サックスを趣味で吹いていた時期がありました。その時コルネットも所有していましたので練習もしていました。

最近 友人からトランペットを譲り受けたのですがサックス、コルネットを手放してから20年以上経ちます。久しぶりに音だしをしましたがまともな音がでません。
指使いもかなりの部分忘れて初心者用の教本を見ながら少しずつ吹いております。

ブラウニーの音の素晴らしさに自分は足元にも及ばないと。(当たり前ですが…)
さすがプロだと思わせるほどの輝かしさがあります。
2012.05.11 18:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する