Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ビル・エヴァンス、ラストの一枚目

Bill Evans  Consecration
★★★★★
『Consecration~The Last』
Alfa Records 43R1-32/33(LP) → 51R2-32/33(CD)
1980年8月31日~9月7日 Keystone Corner, San Francisco にてライブ録音
Bill Evans(p) Marc Johnson(b) Joe LaBarbera(ds)


Disc-1
1. You And The Night And The Music
2. Emily
3. The Two Lonely People
4. I Do It For Yourself
5. Re:Person I Knew
6. Polka Dots And Moonbeams
7. Knit For Mary F
8. Someday My Prince Will Come

昨年(2011年)12月18日に72歳で亡くなった兵庫県出身の吉田カツ氏が描くビル・
エヴァンスのイラストで人気のアルファ盤。 エヴァンスの文字どおり最後の記録と
なった作品。(ファット・チューズデイズは録音されていないと わたしは思う)
1989年リリースと同時に購入。 しかしすぐさま8枚ボックスセットが発売になり
またもや購入。 吉田カツ氏のイラストの魅力も どこへやら、初出の二枚組は さっさと
手放してしまいました。 ところがです。 8枚ボックスは、あまりにも大量すぎるし、
曲目も重複しまくっているので聴く気がおこりません。 レコード棚に鎮座して手つかず。
レコードは やはり作品として編集され、アルバムとしての流れ、ストーリーを持って
完成されるものであって、単なる記録を聴くものではないのです。
ましてや当のエヴァンス自身が録音されていることを知らなかったのですから…
そこで8枚ボックスをパソコンにデータとして取り込み、重複している曲はオリジナル
のタイミングと曲の出来とを照らし合わせ “これだ” と決め込む。 そしてCDの完成。
通して聴いてみると繋がりが おかしな部分はありますが(とうぜんのこと)たぶん正解。
いやぁほんとうに珠玉の15曲です。 死が目のまえにあることが信じられません。

「You And The Night And The Music」 では たしかに思うように満足に弾けていない
箇所は聴いていてわかります。 でもツアー中ただ一回しか演奏しなかった この曲を
オープニングに もってくるあたり すばらしい構成だと思います。 引き込まれるのです。
ベストトラックは 「The Two Lonely People」。 タイトルのイメージ、哀愁が鍵盤から
あふれています。 マーク・ジョンソンの入りがたまりません。 ゾクゾクしてきます。
つぎはジョニー・マンデル作曲の 「Emily」 か。 愛らしさがいっぱいの曲です。
8枚ボックスはやめて この二枚組を しっかり聴きこみましょう。


Consecration Ⅰ/ Bill Evans
Consecration Ⅰ/ Bill Evans

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:なるほど2"
キタサン様

コメントありがとうございます。
このCD、じつは二人の娘のどちらかに渡したのに
どちらも持っていないという返事。
“聴いてないのかい!”と内心怒っています。
Disc-1 のほうが聴いていてムリがない名盤ですね。
2012.05.19 11:43 | URL | #- [edit]
キタサン says... "なるほど2"
こんにちは。このジャケットを誰が書いたかわかりました。ありがとうございます。
8枚組よりこの2枚組の方が私もいいと思います。

手放さないでしっかり持っていますよ(笑)
ただ最近あまり聴くことがなかったので記事がアップされて久しぶりに聴いています。
亡くなってもう30年も経つんですね… 最後の演奏も輝きを失っていない。
凄い人だと思います。
2012.05.18 18:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する