Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

カスクーナ氏に感謝の佳盤

Hank Mobley Poppin Blue Note King GXF-3066
★★★★☆
『Poppin'』
Blue Note → King GXF-3066 → Real Gone Jazz RGJCD 234
1961年10月20日 録音
Art Farmer(tp) Hank Mobley(ts) Pepper Adams(brs)
Sonny Clark(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)


Side-1
1. Poppin'
2.
Darn That Dream
3. Gettin' Into Something
Side-2
1.
Tune Up
2. East Of Brooklyn

やっと聴くことができました。 好きなソニー・クラークがピアノを弾き、これまた
好きなアート・ファーマーがソフトなトランペットで好演しています。
バラードの 「Darn That Dream」 がいいし、マイルス作の 「Tune Up」 もいい。
でもベストトラックは 「East Of Brooklyn」 できまり。 テンポもムードも、いわゆる
ジャズらしさが充満していて、メンバー全員が順にソロを展開していきます。
1961年は もっと先鋭的なジャズが台頭してきていましたが、彼ら6人は意に介せず
“これが俺たちのジャズなんだ” と言わんばかりのプレイを披露しています。
たまたま それが お蔵入りの憂き目に。 カスクーナさん、よくぞ発掘してくれました。


Poppin’ / Hank Mobley
Poppin’ / Hank Mobley

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する