Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ピアソンの やさしい、傑作

Duke Pearson Tender Feelins Blue Note BST 84035
★★★★★
『Tender Feelin's』
Blue Note BST 84035 → King GXK-8146
(1-4, 2-2)1959年12月16日 録音
(1/1~3, 2-1, 2-3)1959年12月19日 録音
Duke Pearson(p) Gene Taylor(b) Lex Humphries(ds)


Side-1
1. Bluebird Of Happiness
2.
I'm A Fool To Want You
3. I Love You
4. When Sonny Gets Blue
Side-2
1.
The Golden Striker
2. On Green Dolphin Street
3. 3 A.M.

ピアソンの初リーダー作 『Profile』 の録音から52日後にレコーディングされたBN二作目。
『Profile』 は1960年2月のリリースだから、リーダー作の発売を待たずして次回作を
製作したアルフレッド・ライオンの惚れこみようも すごいものがあります。
しかしその後はサイドメンで起用されるもののBNのリーダー作は1964年11月に
録音される 『Wahoo!(BLP 4191)』 まで4年11ヵ月余り製作されていません。
1961年、ポリドールに幻の名盤 『Angel Eyes』 を吹き込んだことが理由なのかも…

そういったことは さておき、このアルバムも 『Profile』 同様ピアソンの代表作にして
決定版(盤)ということに異論をはさむ人は いないでしょう。
前作以上に しっとりとした情感に あふれた名演が ずらりと並び、聴きごたえ充分です。
いずれも甲乙つけがたく、わたしの好きな曲 「On Green Dolphin Street」 もあって
迷うところなのですが、ベストトラックは 「I'm A Fool To Want You」。 切ない。
未聴の方は、ぜひとも ご自身のベストトラックを見つけていただきたいものです。


Profile & Tender Feelin's / Duke Pearson
Profile & Tender Feelin's / Duke Pearson

両面とも WEST 63rdのBLP 4080 は存在する?
ブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイド
フレデリック・コーエン:著 行方 均:監修・訳
ブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイドフレデリック・コーエン:著 行方 均:監修・訳






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する