Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

40年まえに うれしい廉価盤で入手

George Wallington The New York Scene
★★★★★
『The New York Scene』
New Jazz NJLP 8207 → Victor PJ-16
1957年3月1日 録音
Donald Byrd(tp/except 1-3) Phil Woods(as/except 1-3)
George Wallington(p) Teddy Kotick(b) Nick Stabulas(ds)


Side-1
1.
In Salah
2. Up Tohickon Creek
3. Graduation Day
Side-2
1. Indian Summer
2.
'Dis Mornin'
3. Sol's Ollie

1972年9月にジャズ廉価盤発売の口火を切ったシリーズの一枚。 1,100円だったから
ありがたかったし、飛びついたものです。
本作は幻盤 『At The Bohemia』 のスタジオ録音(メンバーは大幅に変更)というイメージで
ハード・バップ感満載。 ジャズに浸るとは、こういう作品を聴くことだと思います。
当時ボブ・ワインストックもこの演奏には なにか新しい息吹きを感じていたのでしょう。
レーベルもプレスティッジではなく、系列のニュージャズからリリースしているのです。

モーズ・アリソン作の 「In Salah」 が文句なしのベストトラック。 オリエンタルな感じが
魅力の名曲で、愛すべき作品です。 ドナルド・バードとフィル・ウッズの相性も ぴったり。
「Up Tohickon Creek」 も佳曲。 テーマのアンサンブルが印象的です。
「Graduation Day」 はピアノトリオの小品で、お口直し的存在です。
そして このアルバムはジャケットを手にとって聴きましょう。 エズモンド・エドワーズが
撮影しデザインしたニューヨークのビルを眺めながら、というのが正統的鑑賞法。

※以下 2016年12月19日の追加記述です。
本作のオリジナル盤が 2016年12月 ヤフオクで 141,000円で落札されました。
オリジナル盤を お持ちのブロガーの方が音質を “★★★☆” で評価されているぐらい
だから、あまりハイファイ感は期待できないのではないでしょうか。 う~ん!

UK Esquire 盤のジャケットです。 感じが出ません。

George Wallington The New York Scene Esquire 32-132

The New York Scene / George Wallington


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する