Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

いまでもアナログ国内盤は人気

Bill Evans Green Dolphin Street Riverside RLP 9502
★★★★☆
『Green Dolphin Street』
Riverside/Milestone M 47024 → Victor SMJ-6247、Victor VIJ-6457
(Side-1, 2/1~3)1959年1月19日 録音
Bill Evans(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)

(2-4)1962年8月21日 録音
Zoot Sims(ts) Jim Hall(g)
Bill Evans(p) Ron Carter(b) Philly Joe Jones(ds)


Side-1
1.
You And The Night And The Music
2. My Heart Stood Still
3.
Green Dolphin Street
Side-2
1. How Am I To Know?
2. Woody'n You -take 1-
3. Woody'n You -take 2-
4.
Loose Bloose

初出は1975年、マイルストーン・レーベルの二枚組 『Peace Piece And Other Pieces』
うちの一枚でした。 『Chet』 の2回目を録音したあとにトリオで5曲を録ったものの、
レコード一枚分には足らず、そのまま ほったらかしにされてしまったのです。
16年も経って上記二枚組に組み込まれたのですが、単発では 足らない部分になんと
「Loose Bloose」を入れるという愚を強行。 トリオ演奏ではなく、ズート・シムズと
ジム・ホールが参加した文字どおり “ゆるい” 曲。 ジム・ホールのプレイは好きなの
ですが、ここに この曲は許せないので、星半分マイナスにしました。
だけど日本ビクターからリリースされたオリジナル?は、ジャケットに阿部克自さんの
見事な写真を使い、思わず聴きたくなる、ほしくなるアナログ盤として登場したのです。

「My Heart Stood Still」 「How Am I To Know?」 と、好きな曲が並びますが、
なんといっても 「You And The Night...」 と 「Green Dolphin Street」 の二曲に尽きます。
ジャズ・ピアノ・トリオの真髄といえる演奏、なにがなんでも聴くべし!
ちなみにCDには 「Loose Bloose」 に替えて61年のヴィレッジ・ヴァンガード 「All Of You」
(take 1)を収録し、ジャケットのタイトルを 『On Green Dolphin Street』 に変えている
盤もあります。


Green Dolphin Street / Bill Evans
Green Dolphin Street / Bill Evans

On Green Dolphin Street / Bill Evans
 On Green Dolphin Street / Bill Evans

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する