Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ボスの目を盗んで生まれた名盤

Zoot Sims On Ducretet Thomson
★★★★★
『Zoot Sims On Ducretet Thomson』
Ducretet-Thomson 250 V 023 → Atelier Sawano AS-101
1956年3月16日 録音
Jon Eardley(tp) Zoot Sims(ts)
Henri Renaud(p) Benoit Quersin(b) Charles Saudrais(ds)


Side-1
1.
Captain Jetter
2. Nuzzolese Blues
3.
Everything I Love
Side-2
1.
Evening In Paris
2. On The Alamo
3. My Old Flame
4. Little Jon Special

ジェリー・マリガンとフランスに楽旅中に、地元ピアニストのアンリ・ルノーに誘惑され、
夜中に こっそり録音したセッションとしてジャズ・ファンには有名、希少盤にして名盤。
マリガンに知られるとマズい録音なのに、ズートもアードレイも おかまいなしというか、
伸び伸びとプレイしています。
ここで聴けるズートは、ほんとうに どっしりしていて軽快。 アドリブに迷いがない。
三人で即興的に綴っていくアフター・アワーズ的な 「Nuzzolese Blues」 に身を
ゆだねるもよし、クインシーの作曲が見事なバラード、「Evening In Paris」 で
ズートのワンホーンを満喫するもよし。 未聴の方には、まだこんな宝物を聴く
愉しみが あるのです。


Zoot Sims On Ducretet Thomson
 Zoot Sims On Ducretet Thomson

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "タイトル"
camiyama様

コメントありがとうございます。
「My Old Flame」は昔をなつかしむ雰囲気が
哀調たっぷりに表現されていますね。
アンリ・ルノーもズートの才能を見抜いていたのです。
すばらしい録音を残してくれたことに感謝です。
2012.08.08 09:55 | URL | #- [edit]
camiyama says... ""
こんばんは。
個人的にはこのアルバムがズートのベストだと思っています。最高です。
ズートのメロディックなアドリブは完璧な出来栄え。
「My old flame」のテナーは絶品のトーン。
私の愛聴曲ベスト5の一つです。
たまらないですね。
2012.08.07 19:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する