Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

オリジナルは手放すものじゃぁない

キャロル・スローン(Carol Sloane・丑年)が 1937年のきょう3月5日に生まれています。
彼女の自費出版レコード 『Subway Tokens』 のことを書こうと思います。


Subway Tokens
ニューヨーク地下鉄で使用していたサブウェイ・トークンズの現物

Subway Tokens(サブウェイ・トークンズ)とは、原則として地下鉄専用の乗車コイン
のことで、1953年から1966年までは15セント。 それ以降はいろいろな価格帯の変遷が
あるようです。 1985年ごろまで、ジャケットに用いられているYのデザインが使われて
いたようです。 いやぁ、ほんと見事なデザイン! 絵になるすてきなデザインですよね。
このモチーフを選んだキャロル・スローンって、ほんとセンスありますね。


Carol Sloane Subway Tokens
『Subway Tokens』
Moonbeam CS 111775
1975年11月 ライブ録音
Carol Sloane(vo)
Paul Montgomery(p) Rick Eckberg(b) Peter Ingram(ds)


Side-1
1. If They Asked Me I Could Write A Book
2. I Guess I'm Just A Lucky So And So
3. What A Little Moonlight Can Do
4. A Cottage For Sale
5. Twisted
Side-2
1. I Cried For You
2. When My Sugar Walks Down The Street
3. I Didn't Know About You
4. Thou Swell
5. I've Got You Under My Skin

ところがです。 日本で再発するときに、こんなデザインに変更されているのです。


Carol Sloane Subway Tokens 2
『Subway Tokens』
Teichiku Bay Bridge ULS-6123-B


許せますか。 むかしデザイン業に携わったことがあるわたしとしては、このような
改悪が理解できません。(国内盤レコード関係者の方、ごめんなさい)
演奏自体は、ライブの雰囲気が すてきだったのですが、なにを思ったのか、
7年まえ、サブウェイ・トークンズ・コインを配したオリジナル盤をコピーもとらずに
ヤフオクで手放してしまいました。 後悔しきり!!


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "旅行に行ってたので…"
einishi2 様

コメントありがとうございます。
3日間、八重山諸島に旅行に行ってました。
あす、それをアップしようと思ってます。
お気づかいいただき、ありがとうございました。
2011.03.09 19:43 | URL | #- [edit]
einishi2 says... "アクセス数だけではないかなー"
最近更新されてませんね。
お疲れ様です。アクセス数ですが、こちらのブログもそこそこです。
Twitterとかでフォロワーをふやしつつだと良いかもしれないですよ。
僕のほうでつぶやいてみましょうか。

ぜひ続けてください。
楽しみにしてます。
2011.03.08 22:09 | URL | #xyyekUkk [edit]
ktdchon says... "ジャケットはおもしろいですよね"
einishi2 様

コメントありがとうございます。
手放して後悔してもしかたないのですけどね…
ランキングにクリックありがとうございます。
自分ではおもしろいこと書いてるつもりなのですが、
ホント、アクセスが少ないこと、少ないこと。
めげてしまいそうです。
2011.03.05 23:56 | URL | #- [edit]
einishi2 says... "ジャケットの話おもしろいですね。"
オークションで手放された話は共感できます。レアなものって一度手放すと次にいつめぐってくるかわかりませんよね。
ジャズ人気ブログ、クリックしておきましたよ。
2011.03.05 21:11 | URL | #xyyekUkk [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/50-96a078cb