Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

力強いモブレーが いい。

Hank Mobley Quartet Blue Note BLP 5066
★★★★★
『Hank Mobley Quartet』
Blue Note BLP 5066 → Toshiba-EMI BN-0018
1955年3月27日 録音
Hank Mobley(ts) Horace Silver(p)
Doug Watkins(b) Art Blakey(ds)


Side-1
1.
Hank's Prank
2. My Sin
3.
Avila And Tequila
Side-2
1. Walkin' The Fence
2.
Love For Sale
3. Just Coolin'

『Soul Station』 とおなじように快活で、のびのびと吹ききっているモブレーです。
1955年の録音にも かかわらずリアルな高音質。 ルディ・ヴァン・ゲルダーの録音。
トランペットのケニー・ドーハムが加われば、まさにJMです。
そしてアート・ブレイキーは、やはり最高のドラマーです。 音楽が引き締まるのです。
いやぁこのアルバムはモブレーのプレイヤーとしての力量を充分堪能できる貴重な
ワンホーン・アルバムです。 かつ彼の作曲能力もすごい、と感じさせてくれます。
プレイが力強いぶん、『Soul Station』 よりも聴く頻度が ふえるかも…
未聴の方には、ぜったいの “お薦め” 盤です。 ヤフオクでCDでも人気がありますよ。


Hank Mobley Quartet(MP3)
Hank Mobley Quartet Blue Note BLP 5066

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する