Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ウェス・モンゴメリーの親指

1923年のきょう3月6日、ジャズギターの不世出の天才、ウェス・モンゴメリー
(Wes Montgomery・亥年)が生まれています。 ウェスといえば、オクターブ奏法が
有名ですよね。 以前 WOWOWでウェスの1965年の映像を観たときは、ほんとうに
びっくりしました 。うわさどおり親指一本で演奏していたのです。
オクターブやコードは他の指も使うのですが、テーマやアドリブは親指のみ!
レコードで聴いていたあの音が、こういう奏法で出ていたこと、まったく驚愕でした。


Wes Montgomery 「Four On Six」 (1965)


『The Incredible Jazz Guitar』 『Full House』 『Boss Guitar』 などの代表作はもちろん
いいのだけれど、共演のウィントン・ケリー(Wynton Kelly・未年)が 「No Blues」 で
ウェスのプレイに聴き惚れ、自身のソロの出だしを忘れそうになる という雰囲気が、
如実に録音されている 『...Half Note』 が、やはり最高の出来で大好きです。
「Four On Six」 のテーマもスリリングでほんとうにすばらしい。 ファンの方も多い
ことでしょう。
惜しくも45歳という若さで(死因不明)亡くなりました。


Wes Montgomery Smokin At The Half Note
『Smokin' At The Half Note』
Verve V6-8633
1965年6月24日、25日、8月13日 Half Noteにてライブ録音
9月22日 スタジオ録音
Wes Montgomery(g)
Wynton Kelly(p)  Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)


Side-1
1. No Blues
2. If You Could See Me Now
Side-2
1. Unit 7
2. Four On Six
3. What's New

11曲収録盤

Smokin' At The Half Note
Smokin' At The Half Note

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re;"
安土様

アクセスありがとうございます。
ギターライフサイクル というブログ、見させていただきます。
2012.11.24 14:27 | URL | #- [edit]
インテリアデザイナー安土 says... "Facebook始めましたよ。"
Facebook始めましたよ。19660年代物ギブソン L5C 画像出しましたよ。 暇なとき 見てください。 ブログは ギターライフサイクル というブログですよ。
2012.11.24 01:31 | URL | #73RffWG2 [edit]
ktdchon says... "Re:"
安土様

コメントありがとうございます。
ギブソンLC5買ってしまいましたか。
それほどフリークなんですね。
ウェスも草葉の陰で喜んでいることでしょう。
2012.10.29 10:38 | URL | #- [edit]
南青山インテリアデザイナー安土実 says... "やっぱりウエス・モンゴメリーに 戻ってしまう…"
またしても ご訪問しました… ギタリスト数々いますが センス やはり ウエス・モンゴメリーに 戻ってしまう…バーデンパウエルも 同じぐらい好きですが 品格は ウエス・モンゴメリーかな… あとガボールザボ…ハンガリージャズですね!ウエスにはまりヴィンテージ1960年代ギブソンL5C購入してしまいましたよ…全てのギターを手放しましたよ…175も 無くなりましたよ…ウエス教ですね!L5は ウエスが かなり使用しやすいようにネックなど かなり改造された ギターのストラビバリウスです…ウエスの 墓参りしたいですね!Fホールから ウエスの振動が きこえ インディアナポリスに 行かなきゃ死にきれねーて 感じかな~


2012.10.29 03:12 | URL | #73RffWG2 [edit]
ktdchon says... "Re:"
安土様

コメントありがとうございます。
ウェスは譜面が読めなかったから、そういう受け答えをしたのでしょう。
チャーリー・クリスチャンも聴きますが、音質に閉口しますよね。
ジャンゴはこれからじっくり聴いていこうと思っています。
2012.10.08 17:13 | URL | #- [edit]
南青山インテリアデザイナー 安土実 says... "ウエス・モンゴメリーですよね~"
パットマルティーノが ウエス・モンゴメリーと 楽屋で 一緒に鳴らしたとき ウエス・モンゴメリーの あまりの凄さに 今のコードは?とか いろいろ 聞いたら ウエスは うるさい!音だけよ!音だけ!と 言ったらしいと パットマルティーノが 言ってましたよ!ウエスは おなじように 二度と 弾けない まさに 天才!流れるように 弾きますね~ ウエスだけは 別格の音!勿論 教則本などなく チャーリークリスチャンを 聴きまくり ダウンストロークのタッチですね!ウエスだけが ジャズギターだな~ あとは ジャンゴランハルトですね~
2012.10.08 11:56 | URL | #73RffWG2 [edit]
ktdchon says... "Re:"
安土様

コメントありがとうございます。

たくさんのギタリストがいるなかでウェスは別格。
ウェスというジャンルの音楽があると言ってもいいでしょう。
それぐらい桁はずれな存在だと思います。

これからも拙ブログ、ご訪問よろしくお願いいたします。
2012.08.28 09:30 | URL | #- [edit]
南青山インテリアデザイナー 安土実 says... "ウエスモンゴメリーの タッチですね!!"
ウエスモンゴメリー ~~~ 凄いですね~ 同感ですね~ ウエスは 他の ギタリストと まったく ちがいますね~ 親指を 魔法のように 操り ウエスほどの センスは なかなか ないですね~ 昔は 映像が 見れなかったので ウエスの 映像は 感動の 一言ですね!! 最近 発見された デビュー前の A列車で行こう!は すでに 天才ですね!!

2012.08.28 03:02 | URL | #73RffWG2 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/51-31aebeff