Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

記録としての価値

Ginparis Session BT-5312
★★☆
『Ginparis Session』(銀巴里セッション)
three blind mice TBM 2509 → Nippon Phonogram BT-5312
1963年6月26日~27日 録音
(1-1)Masayuki “Jojo” Takayanagi(g) Hideto Kanai(b)
 Kunimitsu Inaba(b) Masahiko Togashi(ds)
(1-2)Masabumi Kikuchi(p) Hideto Kanai(b) Masahiko Togashi(ds)
(2-1)Terumasa Hino(tp) Sadanori Nakamure(g)
 Kunimitsu Inaba(b) Hiroshi Yamazaki(ds)
(2-2)Yosuke Yamashita(p) Kyohei Uyama(g)
 Hideto Kanai(b) Masahiko Togashi(ds)


Side-1
1. Greensleeves
2. Nardis
Side-2
1. If I Were A Bell
2. Obstruction

ギタリストの高柳昌行氏、ベーシストの金井英人氏らが主催した 「ジャズ・アカデミィ」、
のちの 「新世紀音楽研究所」 に集まった若いミュージシャンらが行った伝説のセッションの
記録。 いまから およそ半世紀前のこと。
高柳昌行氏が長年の悪癖(失礼)を断ち切って、社会から一時離れることを仲間で励まそう、
ということと、ドラマーの富樫雅彦氏の復帰を祝う企画が このコンサートになったのです。
録音は医師でジャズ評論家の内田 修氏。 機材をかかえて名古屋から夜行で上京しました。
う~ん、先生には失礼なのですが音が悪い。 ほとんど厚みが感じられません。
巷間、絶賛する記事が多いのですが、わたしが思うに このアルバムの価値は、まさに記録。
高柳昌行氏の 「Greensleeves」 はダラダラと長いだけ。 覇気がないプレイとしか言えない。
プーさんの 「Nardis」 は “ピアノの調律ちゃんとしてますか?” と言いたくなるような
調子っぱずれなテーマ。 ソロに入ったら、ずーっと唸りっぱなし。 聴いているのがつらい。
B面にきて やっと聴ける演奏、「If I Were A Bell」。 日野皓正氏は20歳の未熟さが
露呈しているのですが、なんとか がんばっています。 それよりも中牟礼貞則氏のギターの
すばらしいこと、大いなる収穫です。
ラストの 「Obstruction」 はベーシスト、金井英人氏の作曲だそうですが、よくわかりません。
1960年代の初頭って、日本のジャズは これぐらいのレベルだったのでしょうか?
記録としての作品ということで、愛蔵しようと思います。
ちなみに、当日はアルバム収録のほかには下記の曲が演奏されました。(内田氏資料から)

「But Not For Me」
 日野皓正(tp) 土田真弘(as) 中牟礼貞則(g) 稲葉国光(b) 山崎 弘(ds)

「Naima」
 高柳昌行、中牟礼(g) 金井英人、稲葉(b) 富樫雅彦(ds)

「A Certain Speculation」(高柳道子:作曲)
 高柳(g) 金井、稲葉(b) 富樫(ds)

「Lush Life」
 高柳、中牟礼(g) 金井、稲葉(b) 富樫(ds)

「535」(内山平五郎:作曲)
 日野(tp) 土田(as) 金井(b) 富樫(ds) 

「Dahomey Dance」
 日野(tp) 鈴木孝ニ(as) 田中伸介(brs) 山下洋輔(p) 寺川正興(b) 富樫(ds)

「Cat Walk」
 鈴木勲(cello) 菊地雅章(p) 金井(b) 富樫(ds)

「Ballad」
 菊地(p)


銀巴里セッション(Blu-spec CD)
銀巴里セッション(Blu-spec CD)

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:評論家なんていらない"
saheiji 様

コメントありがとうございます。
つい先日、わたしが疑問に感じていた高名なジャズ評論家が亡くなられました。
その方が LP に書かれている解説を読むたびに “?”だった人物。
教訓、自分の感性を信じて物事の本質を判断しよう。
2012.10.10 10:47 | URL | #- [edit]
saheiji says... "評論家なんていらない"
本当に、未熟なものまで世紀の名演のごとく褒めちぎるJazz評論家、いまもその流れを汲む輩が多いけれど。
Jazzをファッション、或いは聴く事がステータスとして、一過性のものとしてしか取り扱われていない状況、これは数十年前から変わっていないようです。
2012.10.09 20:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する