Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Morning Glory に酔う

The Canadian Concert Of Bill Evans  Can-Am CA 1200
★★★★☆
『The Canadian Concert Of Bill Evans』
Can-Am CA 1200 → Gambit Records 69271
1974年8月2日 CBC Radio at Camp Fortune, Hull, カナダにてライブ録音
Bill Evans(p) Eddie Gomez(b) Marty Morell(ds)


Side-1
1. Midnight Mood
2. Elsa
3. Sugar Plum
Side-2
1. Morning Glory
2. A Sleeping Bee
3. How My Heart Sings
4. A Time Remembered
5. Beautiful Love

CD Additional tracks
09. How My Heart Sings
10. Gloria’s Step
11. Time Remembered
12. My Romance
1972年9月17日 TV broadcast New York にて録音

一時期はCan-Am 盤でしか聴けなかった作品ですが、Gambit 盤が出てからは多くの
ファンが楽しめるようになりました。 録音状態は良く、オープニングの 「Midnight Mood」
からエヴァンスのプレイは好調です。 つづく 「Elsa」 もいいし、「Sugar Plum」 の
イントロからベースが入ってくるあたりのエヴァンス独奏はゾクゾクします。
そしてB面トップの 「Morning Glory」 が、この作品のベストトラックになります。
生涯を通じても三度ほどしか録音で残していないのでは?
なんとも言えない魅力を持った曲。 そしてエヴァンスの芸術性の高さは すばらしい。
『Live In Tokyo』 に収録されている同曲と比べると、若干落ちるかもしれませんが、
何度でも聴きたくなる名演です。
おもしろい演奏は 「A Sleeping Bee」。 テーマをエヴァンスとゴメスがユニゾンしていて
聴いたことがないめずらしいプレイ。 遊び心たっぷりだったのですね。


Live In Ottawa 1974 / Bill Evans
Live In Ottawa 1974 / Bill Evans

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する