Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

エヴァンス、最後のリバーサイド録音Ⅱ

Bill Evans Time Remembered Victor VIJ-4035
★★★★★
『Time Remembered』
Milestone M 47068 → Victor VIJ-4035
(1-1, 1-4, 2-3, 2-4)1963年5月14日
(1-2, 1-3, 2-1, 2-2)1963年5月19日
Shelly's Manne-Hole, Hollywood, カリフォルニアにてライブ録音
Bill Evans(p) Chuck Israels(b) Larry Bunker(ds)


Side-1
1. Who Cares?
2.
In A Sentimental Mood
3. Everything Happens To Me
4.
What Is This Thing Called Love?
Side-2
1. Time Remembered
2. My Heart Stood Still
3. Lover Man
4. How About You?

『新・エヴァンスを聴け!』 の著者で有名な YN 氏は、このアルバム、
つまり 『At Shelly's Manne-Hole』 と同日録音の本作のことを評して
“ コンセプトはなく、アルバムのクオリティは 『At Shelly’s Manne-Hole』 に
大きく負ける。 未編集、よって全体的な印象は粗く ”
と書かれているのですが、それは曲順の異なる CD を聴かれて述べて
おられるようです。 邦盤の LP では流れの良い編集がなされていて、
まさに RLP-9487 に負けず劣らずの作品に仕上がっているのです。
聴くべきは、オリジナル盤?としての国内盤を入手するのが いちばん
ですが、CD なら上記の曲順で聴くことをおすすめします。
ベストトラックは 「Who Cares?」 か、憂いに満ちたエヴァンス作の曲
「Time Remembered」 です。 エヴァンス・ワールドに引きこまれます。


Time Remembered / Bill Evans
Time Remembered / Bill Evans

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する