Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

最後のリーダーアルバム、BN 盤

Sonny Clarlk Leapin And lopin Blue Note BLP 4091
★★★★
『Leapin' And Lopin'』
Blue Note BLP 4091
1961年11月13日 録音
Tommy Turrentine(tp/except 1-2) Charlie Rouse(ts/except 1-2)
Ike Quebec(ts/1-2)
Sonny Clark(p) Butch Warren(b) Billy Higgins(ds)


Side-1
1
. Somethin' Special
2. Deep In A Dream
3. Melody For C
Side-2
1.
Eric Walks
2. Voodoo
3. Midnight Mambo

CD Bonus track
7. Zellmars Delight

“飛んで軽やかに駆けること”。 タイトルを直訳すると、こういう意味になります。
しかしジャケットのソニーの表情は、ほど遠くて暗い病的な雰囲気が漂っています。
本作を録音した 1年2ヵ月後にオーバー・ドーピングでこの世を去ってしまいます。
しかも 31歳という若さで…。
オリジナルのモノ盤を手放して後悔しきりなのですが、MD に録音しておいたので
ごくたまに聴いて BN の RVG 音質のすごさに感心しているのです。

曲調としては、やはり両面のトップの曲が聴きやすく、あたりさわりのない編集と
言えるでしょう。 ところがベストトラックとなると、臭さふんぷんのアイク・ケベックが
加わった 「Deep In A Dream 」 となるのです。 ケベックが登場するまでのソニーの
ソロといったら、可憐で愛おしい、こわれそうな表現で絶品なのです。 ケベックを
ほとんど聴いていなかったのですが、これから探して聴いてみようと思います。


Leapin' And Lopin' / Sonny Clark
Leapin' And Lopin' / Sonny Clark

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:"
キタサン様

いつもコメントありがとうございます。

オリジナルのモノラル盤、ちょっとプチ音があったので
ヤフオクで売ってしまいました。
MD にコピーしたとはいえ、厳密には音質劣化しているのでしょうね。

もっとちゃんと聴いておけば良かったのに、と
いまさらながら後悔しています。
2013.02.08 10:18 | URL | #- [edit]
キタサン says... "タイトル"
こんばんは。

久しぶりに聴いてみました。
テナーにアイク・ケベックも入っていたんですね!
てっきりチャーリー・ラウズだけかと思っていました。

アイク・ケベックってブルーノートでスカウトやらプロデュース的な事を
やってアルフレッド・ライオンから重宝がられていた様ですね。

演奏はモダンジャズよりやや古めの中間派というところでしょうか?
たまに聴きたくなるテナーです。
2013.02.06 21:59 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する