Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

不思議な魅力、ティナ・ブルックス

Tina Brooks Street Singer Blue Note GXF-3067
★★★★
『Street Singer』
Blue Note → King GXF-3067
1960年9月1日 録音
Blue Mitchell(tp) Jackie McLean(as) Tina Brooks(ts)
Kenny Drew(p) Paul Chambers(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1. Melonae's Dance
2. Appointment In Ghana
3. Medina
Side-2
1. Isle Of Java
2. Street Singer
3. A Ballad For Doll

なぜこんなにもティナ・ブルックスって魅力的なのか、早逝したからなのか、録音された
ものすべてを集めよう、という気にさせられるミュージシャンの一人なのです。
本作もキングの未発表シリーズで発売されたことに狂喜乱舞したものです。 のちには
CD でも出たのですが、このアナログのジャケットには独特の滋味が感じられます。
アルバム全体の完成度は、そう高くはないのですが、愛着が湧く魅力的な一作です。
LP、CD ともに発売後すぐに廃盤になったことは、レコード会社の怠慢でしかありません。

ベストトラックは、やはりタイトル曲の 「Street Singer」 だと思います。 ブルックスの
未発表作品で のちにオリジナル・ジャケットで発売された 『Back To The Tracks』 にも
収録しているように、まちがいなく名曲です。 ブルックスの作曲能力に目を瞠ります。
あと、今回じっくり聴いてみて再発見したことがあって、それは 「A Ballad For Doll」 が
バラードとして秀作であること。 けだるい表現に終始するのですが、とくにピアノの
ケニー・ドリューのプレイがすばらしい。 注目に値する一曲です。

4曲目から9曲目までが 『Street Singer』 と同じ作品。

Jackie's Bag+3 / Jackie McLean
Jackie's Bag+3 / Jackie McLean

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する